絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「途方もない貧困と収奪は新自由主義とグローバル化がもたらした」とローマ法王

ブラジルを訪問していたローマ法王ベネディクト16世は13日、サンパウロ郊外で開かれたラテンアメリカ・カリブ司教協議会で演説し、経済のグローバル化に伴い、貧富の格差が拡大していると警鐘を鳴らした。一方で、中南米での急進左派政権の台頭にも懸念を示した。法王は同日夜、5日間の滞在を終えてローマに向けて出発した。

ロイター通信などによると、法王は資本主義、共産主義がともに人々を教会の価値観から遠ざけた、と指摘。「共産主義は経済と環境の破壊を招き、精神の破壊を残した」と批判するとともに「西側社会でも貧富の格差が増大し、薬物やアルコールが人間の尊厳の堕落を招いた」と述べた。

規制緩和と市場原理を重視する新自由主義や、経済のグローバル化について「社会は、途方もない貧困と収奪と向き合い続けている」と懸念を表明した。(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-14 23:54 | 宗教 vs グローバル化