絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「無力な支配者が社会を後退させていることに疑問と不満を持っていた」と日米朝の三大世襲国の国民一同

青森・深浦港で2日保護された脱北者4人が警察当局に対し、北朝鮮の体制への不満や韓国への亡命理由などをハングルで記した上申書を提出したことがわかった。上申書では、「無力な支配者が社会を後退させていることに疑問と不満を持っていた」と、金正日総書記をはじめとする北朝鮮上層部による支配体制を批判。

「生活はだんだん厳しくなった。将来にも不安を感じるようになった」と貧困に苦しむ状態を訴えている。そのうえで、「同じ民族で言葉の通じる韓国に送ってほしい」などと、韓国で居住したいという希望の理由を記している。4人とも同趣旨のものを直筆で記し、提出している。また、4人は「北朝鮮には人権がない。自由を求めて来た」などと、供述しているという。(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-04 23:54 | ゴミ箱