絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【有明フェリータ】朝日新聞「崖っぷち犬」二番煎じ記事で「保健所と相談」の本末転倒【羽田ランウェイ】

羽田空港の滑走路脇に、所有者や管轄がはっきりしない砂浜がある。週末には潮干狩りやバーベキューを楽しむ人もいるこの浜に、数匹の犬がすみついた。打ち上げられた魚などを食べている。滑走路に迷い込んだり、岩場にはまったりする可能性があり、「助けられないか」という声もあるが、土地を管轄する機関があいまいなこともあって保護はなかなか進まない。(宮地ゆう

砂浜は滑走路の岸壁にあり、陸からは行けない。すぐ向こうは、羽田のC滑走路だ。車輪を出したままの離陸直後の飛行機が頭上をかすめる。

(中略)東京湾でカヌーをしている人が砂浜の犬に気付いたのは、昨年の3月ごろ。白い犬と茶色の犬のケイ10匹で2組の親子らしく、成犬の後ろを子犬がついて歩いていた。「やせていて、エイんお死骸などを食べていた」という。餓死するのが心配で何度かエサをやりに行った。「犬にとってはここで暮した方がいいのかもしれないとも思うが、何とか飼い主が見つかってほしい」と話す。

(中略)しかし、この土地の管轄ははっきりせず、犬は放置されたままだ。東京空港事務所は「空港の敷地はフェンスまでなので、空港の土地ではない」東京空港署も「管轄外」としており、東京水上署も「水面上は管轄だが、砂浜は管轄外」という。

犬は捨てられたか、干潮時に陸づたいに来て、そのまますみついたとみられているが、東京空港署が調べたところ、一部の犬には船上生活をしている人がエサをやっていた。「飼い犬なら連れて帰るように伝えたが、目視で確認しただけで12匹いる。滑走路に入ると危険なので、保健所など関係機関と相談して対応を考えている」と話している。

■「東京漂流」に都動物管理事務所が置いた野犬駆除の毒入りダンゴを食べて死ぬ「東京最後の野犬・有明フェリータ」の話がある。

私の鼻はおまえのより100万倍退化しているけど、私の頭はおまえより、ちっとは巧妙だ。あんなにぶざまに、ベロベロに腐り切った肉なんか喰らったりしない。都市の殺意をかいくぐって、おまえより、ずっとたくましく、巧妙にやっていくよ

昔「有明」今「お台場」に様変わりして「ベロベロに腐り切った肉」を人間が喰らう時代になってしまったの?

a0085558_6499.jpg

■ 野生および半野生状態の動物への餌やり原則禁止の要望(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-07-06 23:54 | ゴミ箱