絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

■Sorry If You Are Having a Dinner!■

a0085558_1113495.jpg

■カルテルを維持する力と崩す力
暗黙のカルテルが維持されるためにはいくつかの条件があります。あくまでも「暗黙の」カルテルですから、カルテル破りに対して明示的な罰則を設定することはできません。そこで問題になるのが「カルテル破りによって得られる利益」と「カルテルを続けることで得られる利益」の比較です。前者が後者を上回らない限り、ひとたび成立した暗黙のカルテルという「空気」は維持され続けます。

このような「空気」を壊すきっかけになるのが「空気を読まない」新参者の存在です。他産業からの参入者にとっては「他産業で得られていた利益」よりも「その産業で競争行為を行うことによる利益」が大きいならば十分競争的にその産業へ参入するインセンティブがあります。このように考えると、大きな利益を上げている産業が他業種からの参入を嫌う理由も理解できるでしょう。空気を読まない新人が、固定化したカルテルを崩す力となるのをおそれているのです。

これはなにも企業間競争だけの話ではありません。あなたの職場に、頼まれもしないのに猛烈な勢いで働く新人が入ってきたら、残業どころかサービス残業すら笑顔で引き受けてしまう契約社員が入ってきたら、これまではみんなで適度にサボりながら仕事をすればよいという良好な労働環境(!?)はぼろぼろになってしまいます。あ〜もう!空気読まないヤツは何とかしてほしい!……ですよね。

暗黙の協調行動の利益を享受している側にとって、その協調を崩す外的な力はなんとしても排除しなくてはいけません。その一方で、上司や会社にとっては「猛烈な勢いで働く」「残業どころかサービス残業すら笑顔で引き受けてしまう」労働者ほど素敵なものはないでしょう。

■アラレちゃんのように道端に落ちているウンチを棒で「つんつん」して判った事は「プロフ」には書かれていない「本性とか器」予想通りだったり予想を裏切ったり。いい意味で想定外があると嬉しいもんだ。人生色々ウンチも色々。いいウンチは勿論!いいコヤシになりますね♪逆に言うと私の「プロフ」抽出して目の前にある「Green Day」見失っちゃうおバカさんもいるって事ですな。。

[PR]
by beautiful_japan | 2007-11-27 23:59 | 雑談 ライフログ