絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

■怪力乱神より聖力現神■

a0085558_14404395.jpg
怪力乱神」なる言葉がある事を初めて知った。しかし私の観点では「聖力現神」て漢字だな。以前に「ここで私の神秘体験を語っても何の信憑性もないので」って事で語らなかった神秘体験を書こうと記憶を遡ると結構色々出て来る。いわゆる幽体離脱で天井の角からベッドに横たわってる自分を見下ろしてたり、夜中にバイクで一緒に走っていた友人が亡くなって事情聴取やら何やらで朝になって別荘に帰って寝たら、そこにいた四人全員が個別にもう一人誰かが帰って来たのを見たり、それと自分の人生の先行きをピンポイントのエピソードで見る無数の予知夢。夢に見た時は単なる「変な夢」で終っちゃうんだけど実際それが現実の出来事として起ると鳥肌もの

プライベート以外では火だるまになって落ちて行く飛行機の夢を見て起きたら墜落事故があったり。でも自分の中で一番凄いと思ってるのは幼児期から10年以上何度も何度も見続けた大津波の夢。当時高台にあるアパートの6階に住んでて東京湾が見渡せて天気のいい日は千葉まで見えたんだけど、遠くの方から津波が押し寄せて来て「窓に迫って来る」所で目が覚めるのを何十回いや何百回見たんだろう?でその津波はビルの高層化による「ビル津波」と言う形で現実化して窓からビルしか見えなくなった。他にも二つ10年以上何百回も見続けた夢があるけどそれは秘密。

で前回語ろうと思った神秘体験は、色々あって私が自殺しようと山に昇って頂上付近の獣道もない斜面を下り、木に昇ってハンズで買った首吊り用のロープを太い枝に結んで中々思い切れずに枝にしがみつきながら何時間も途方に暮れてた時、幼稚園児と小学生くらいの子供を連れた父親が楽しそうに話しながら下を通った!もしかしたらあの人達は本当にあの「獣道もない斜面を親子連れ」で歩いていたのかもしれない。それはそれで奇遇だけど、どう考えてもあそこを親子連れで歩くはずはないと思っている。やはりメスナーの体験に近いものがあるんじゃないかと考えるべきなのか?そんな訳でこうして今もブログを更新したり出来るんだお( ^ω^)

[PR]
by beautiful_japan | 2008-07-29 23:45 | 雑談 ライフログ