絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■良質の山田錦を地元の契約農家より全量仕入れ作付けから刈り入れまで農家と膝を交える美少年酒造?■

a0085558_34950.jpg
■美少年酒造の目指す酒造りとは?
また、地元の名水と上質な米が銘酒『美少年』をささえています。毎年良質の山田錦を地元の契約農家より1,000俵(全量)仕入れており、農家の方々とは毎日顔を合わせる親しい関係です。作付けから刈り入れまで膝を交えて意見の交換をしています

■商品回収のお知らせ お客様・お取引先様各位
平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。さてこの度、弊社の一部の商品の原料米が辰之巳株式会社(大阪市)から納入された事故米の疑いがあり、食品衛生法上、原料にしてはならないものであったことが調査で判明致しました

■虚偽の国産証明書、美少年酒造に発行
米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市)とグループ会社(同)が、農薬が検出されたベトナム産米を国産米と偽り、熊本県の「美少年酒造」に販売していた問題で、三笠フーズ側が今月8日、同酒造に「国産100%」とする虚偽の産地証明書を発行していたことが、わかった。産地偽装を具体的に裏付けるもので、農林水産省は発行の経緯などを調べている。三笠フーズ関係者によると、同社は今年1〜5月、グループ会社「辰之巳」(大阪市)を通じ、殺虫剤「アセタミプリド」に汚染されたベトナム産うるち米を同酒造に約32トン販売。三笠フーズ側は、同社による不正転売が発覚した後の今月8日、同酒造の求めに応じて「国産100%」とする産地証明書を作成ファクスで同酒造に送っていた。産地証明書に記載されている産地や米の種類、納入時期、数量などは、通常、加工や出荷などの実務を行う三笠フーズの九州工場が指示しているといい、関係者は「この時も九州工場から国産と記載するよう言われた可能性が高い」と話している。

[PR]
by beautiful_japan | 2008-09-12 23:54 | ゴミ箱