絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■実体経済馬鹿も単なる市場原理主義の新自由主義者■

a0085558_22553176.jpg
■しかし夕食の主菜は、近くのスーパーマーケットで買ってきた鶏肉。彼らは私たちの持参したカップラーメンにも興味を示した。部族の食事は、ここ十数年で様で変わりした。毒矢を駆使して狩りをした男たちは獲物を追わなくなり、アルマジロのわなを仕掛けるだけ。乾燥地でただでさえ少ない動物が姿を消したためだ。「20キロ歩いて森に深く分け入り、2週間身を潜めてもほとんど獲物がいない」首長のジャイメ(48)はぼやく。すべての始まりは道路だった。保護区のそばに国道が一直線に伸びる。25年前に舗装され、やがて伐採業者が森に分け入るようになった。巨木を切り出していき、樹木が果てた荒野は焼き払われ、牧場や大豆畑に姿を変えた。畑や牧場は北へ北へと広がりアマゾンを侵食していった。

いま世界最大の穀物メジャー、カーギルのサイロがそびえる。一帯は、一大穀倉地帯となり、世界有数の農業輸出国の経済成長を支える。ひっきりなしに走る大型トレーラーにはアマゾン川上流の港町ポルトベ−リョから積み出される大豆や木材が満載だ。リーダーの一人、マネ・マンドゥカ(45)は「もう保護区周辺に伐採業者はいない。去年森がすべて終ってしまったからだ」と言った。そして続けた。「生きた自然は保護区にしか残っていない」大豆畑は生きていないのか?そう問うと答えた。「あれは『死んだ自然』だ」
石田博士

a0085558_22564283.jpg
■自然と一体となって自給自足で暮している部族の人たちにとって「実体経済」とは大自然の恵みによるものだ。母なる大地からの収奪で成り立っている「実体経済」による繁栄も、時間のスケールを拡大すればバブルであるのは多くの滅亡した文明が証明している。実体経済馬鹿共は市場原理主義の新自由主義者を批判するが、視点を変えれば所詮同じ穴のムジナでしかないのに被害者面でいきり立って糾弾(爆w 。
a0085558_23281699.jpg
■ノアの箱船に乗れる人類代表はメチキチレ族限定で(read
■表層的な実体経済馬鹿には判らない内面的価値観(read
■実体経済馬鹿と消費奴隷につける薬はないの?(read
■人間が時間を節約すればするほど(read
■原発事故で私たちが本当に考えなければいけない事(read
■人間界のことにしか結局は関心がない人が多い その人間界だって自分が生きている間だけにしか関心がない(read
[PR]
by beautiful_japan | 2008-09-30 23:54 | 宗教 vs グローバル化