絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:民主党( 3 )


■選挙に勝つのが民主主義では最優先課題
NHKの5時のニュース見てたらぶら下がり取材で小沢一郎代表は「選挙に勝つのが民主主義では最優先課題」と言い放った。確かに「勝てば官軍、勝たなきゃ負け犬の遠吠え」なんだけど、自ら「政治理念は一切ありません」と言ってるようなもんで未だに小沢弁護に余念のない連中は平沼赳夫氏の爪の垢でも煎じて飲むように!

■破壊と離脱、再生繰り返した小沢氏の政治遍歴を写真で振り返る(watch

[PR]
by beautiful_japan | 2007-11-09 23:54 | 民主党
“消えた年金”問題では、その無責任さと狡猾ぶりを更に露呈した。5000万件以上に及ぶ“消えた年金”問題が世論からの批判を浴びた直後のメールマガジンの中で、安倍総理は「社会保険庁による不祥事が、国民の信頼を失墜させたことに、私は、激しい怒りを感じていました」などと嘯(うそぶ)いていた。この問題の最高責任者が総理自身である自覚が全くないばかりか、「歴代の社会保険庁長官や全ての関係者に責任がある」などと、部下に責任を負わせて、自らは保身に走っている。

加えて、「5000万件の年金は消えてはいないんです!浮いているだけなんです!」という弁明。年金受給者からすれば、“浮いて”いようがなんだろうが、貰えるはずの年金が貰えずにいるのだ。正に受給する権利 が消えているのだ。文字通り“消えた年金”なのだ。また、政府は「5年の時効を撤廃します」というが、支払ったはずの年金掛け金が消えたのは社会保険庁のミスなのだから、時効が適用されること自体が、そもそもおかしいのである。(read

■しんば賀津也・議員の経歴(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-15 23:54 | 民主党
『私は集団的自衛権の憲法解釈は変えるべきだと考えてきた・・・「9・11テロ」は解釈変更する千載一遇のチャンスだった。私が首相なら平時には政治の争点にせず、具体的な問題が起きれば一日で変える・・・民主党の憲法提言は(「制約された自衛権」となっているが)、集団的自衛権が行使できるように変えて行きたい・・・私の意見に賛成の人も反対の人もいて、まとまっていない。参院選挙後は党を割る事も辞さずに議論する腹構えが必要だ』と前原誠司前民主党代表(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-14 23:54 | 民主党