絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:メディア 大本営発表( 48 )


■総務省:通信・放送法制統合へ ネット情報も規制
総務省は6日、電気通信事業法、放送法など現行の通信、放送関連の法律を「情報通信法」(仮称)として一本化し、2010年の通常国会に提出する方針を明らかにした。社会的な影響の大きいインターネットのコンテンツ(情報の内容)を、現在の放送と同じように(1)政治的な中立性が保たれているか(2)公序良俗に反していないか−−などの観点から規制できるようにする内容。新聞社や通信社による記事のネット配信も規制対象となる可能性があり、議論を呼びそうだ。総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」(座長、堀部政男・一橋大名誉教授)が同日午前にまとめた報告書で、新法制定を提言した。これを受け、同省は来年1月にも情報通信審議会(総務相の諮問機関)に制度の見直しを諮問し、新法の具体案を詰める。

報告書は、高速大容量のネットの急速な普及や放送のデジタル化によって、テレビ番組をネットで視聴できるようになるなど放送と通信の融合が進んでいると指摘。放送とネットのコンテンツについて、社会的な影響力の大きさに応じて段階的に規制する枠組みを作るよう提案した。社会的な影響力の大きさは、(1)視聴者数(2)有料か無料か(3)映像、音声、データの種別−−などの基準で分類し、とくに公共性の高いディアサービスに対しては現在の地上テレビ放送並みに規制するよう求めている

新法が制定されれば、影響力の大きいメディアによってネット配信されたコンテンツが政治的に偏っていたり、有害だと判断された場合は配信者(事業者や個人)に対し削除や訂正を求めることができるようになる。インターネットのホームページなどのコンテンツは現在、原則として規制がなく、有害情報やプライバシー侵害などに対する規制を求める声もある。ただ、新たな規制は表現の自由を侵害する恐れもあり、新法制定によるコンテンツ規制について日本経済団体連合会、日本新聞協会などは「ネット上の情報規制には原則反対」との見解を示している。【尾村洋介

[PR]
by beautiful_japan | 2007-12-06 23:54 | メディア 大本営発表

■ブレーク・ポイント挿入!デバッガ起動!
まず、日本国システムを動作させるプログラム言語は、人工言語である「法律言語」なのだから、法律言語を自由に扱えない議員(programmer)が、議席のほとんどを占めることが根本的におかしい。もちろん、官僚出身者や弁護士出身者の議員は、それなりの人数がいるはずだ。衆議院で480人、参議院で242人いる現職議員のプロフィールを全部チェックする時間も根性もないので、具体的な数字は挙げられない。私が数年前に読んだ文書では、官僚出身議員の割合は、1割をすこし超えるくらいとされていた。司法資格保持者の数についてはわからない。誰か集計してくれるとうれしい。(中略)

こうしてみると、現在の日本国システムのコーディングは、基本プログラム(OS)にベッタリと依存した開発環境の上で行われていると言えそうだ。なんだかどこかのOSとその開発環境のようだな。議員(programmer)は、官僚(OS)が提供する機能を呼び出して様々な立法をするが、OS提供者が、その機能の仕様を改訂しうる能力をもっているようなものだ。だから、官庁(OS supplier)は、法律(code)の具体的な実行を実質的に支配することができる。すなわち、OSの一部が、自身の発意と利害で自身を書き換えうる状況になっているのだ。これでは、システムがどんどんブラック・ボックス化するのも、また肥大化していくのも当然だ

この事態は、基本設計=憲法 (basic design / constitution)が想定している立法過程を逸脱しているのだから、「オペレーション・システムへの不正なアクセスが行われました」とメッセージを出して、システムは、haltしなければならないハズであるが、なぜだか日本国システムは、膨大なシステム資源の浪費を続けながら、いまだに動いている


■情報処理もデータの管理も「あちら側」で行われる
SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)、Webサービス、WebOS、Webオフィス・スイートという一連のWebオリエンテッドなトレンドは、情報処理もデータの管理も「あちら側」で行われるという意味だ。これらの個々のサービスを超えて、更に「あちら側」から本格的なサービスが提供される時代を実現するためのクラウド・コンピューティング(Cloud Computing)という技術がホットになりつつある。クラウド・コンピューティングとは、「雲」のようなインターネット側のどこかで情報処理が行われ、どこかでデータの書き込み、保存がされるというイメージからそう呼ばれている。

クラウド・コンピューティングは、Web2.0という呼び名が色あせてきたことにより登場したバズ・ワードではない。これは、エンタープライズ分野とコンシューマー分野とを問わず、膨大な数のデータセンターやサーバー内の情報をインターネット上で取り扱い、処理する新たな技術を指す。

■マトリックスは夢物語じゃない
人とうまいことやるのが苦手なので、システム開発の仕事についた。機械はいい。あいつら嘘つかないから。俺が間違ってたらエラー!って言ってくれるから。やっぱりちゃんと叱ってくれる人って必要なのよ。人じゃないけど。

ところが最近、なんだか機械と相性が悪い。 自販機にお釣りを全部10円で返されるとき、かちゃーんかちゃーんかちゃーんて、あの全部落ちるの待ってる時間のなんと無駄なことか。 こっちは間違ってないのに自動改札に通せんぼされたときのショック。

それがトラウマになって、しばらくは改札を通るたびにドキドキさせられる。 自動ドアが開かない。私という個の存在を認識してもらえない苦痛。機械に差別された! なにその人間らしさ。まるで意思を持っているかのような。そんな機能は機械にいらない!

これってもしかして機械に支配される世界への兆候なんじゃないの。マトリックスは夢物語じゃない。すでに機械はほんの少しづつ、我々に対して反乱を起こしているのだとしたら。

そんでこないだ腹が立ったのは、自販機でタバコを買おうとして、間違って隣のボタン押して違うの買っちゃってね。しかもまとめ買いしようとしてたから、欲しくもないのを2つも買っちゃって。もうすんげー怒った、あんときは。

まあこれは俺が悪いんだけども。

[PR]
by beautiful_japan | 2007-11-21 21:21 | メディア 大本営発表

■県民大会で発言する沖縄の高校生
集団自決問題での沖縄県民大会でメッセージを朗読する県立読谷高校の津嘉山拡大さん(右)と照屋奈津美さん。「うそを真実と言わないほしい。あの醜い戦争を美化しないでほしい」と求めた(29日、宜野湾市)(時事通信社)


■会場を埋め尽くす11万人の参加者
11万人が参加した教科書問題での沖縄県民大会。太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民集団自決に日本軍の強制があったとの記述が文科省検定で削除されたことを非難し、記述の回復を求めた(29日、宜野湾市)(時事通信社)


■「軍関与は事実」と強調する沖縄県知事
教科書問題での沖縄県民大会であいさつする仲井真沖縄県知事。「軍の関与は隠せない事実」とし、「検定意見に強く抗議し、これが撤回され記述が復活することを強く要求する」と述べた(29日、宜野湾市)(時事通信社)


■こぶしを上げる参加者—沖縄県民大会
教科書問題での県民大会で「ガンバロー」と叫ぶ参加者。終了後、実行委員長の仲里県議会議長は「これだけの参加があったのだから、国としても要求を真摯に認めていただけると思う」と述べた(29日、宜野湾市)(時事通信社)


■体験を語る吉川さん─沖縄県民大会
約11万人が参加した沖縄県民大会で沖縄戦の体験を語る吉川嘉勝さん。6歳当時の渡嘉敷島での体験を語り、「軍の関与がなければあのような惨事は起きなかった」と訴えた(29日、宜野湾市)(時事通信社)

a0085558_1504955.jpg
■Black Eyed Peas - Power To The People(lyric)(Make Some Noise: Campaign To Save Darfur

■それにしても「二重顎のおっさんの発言」は許せませんね。「私は決して甘えも許さないし欺瞞も許しませんよ」二重顎は二枚舌が表出したもの、というのが私の経験則です。

[PR]
by beautiful_japan | 2007-09-29 23:54 | メディア 大本営発表
a0085558_7515829.jpg
Brother Sun 2007/08/14 AM7:00

おはようございます。晃(akira)@beautiful_japanです。

とりあえず私が前から不思議に思っているのは、皆さん何故「トラックバック」しないのか?と言う事です。私も10年近く「ホムペ」をやっていますが、表現出来る範囲が狭いので正直「ブログ」は嫌いです。しかしブログには「ホムペ」にはない便利な機能があります。だからこそ狂言師である私の「エントリー」が諸先生の目に止まる事になりました。「ホムペ」では決してそうは行きません。

「スットプ・ザ・コイズミ」のように馴れ合いの「スパムトラックバック」の応酬では本当に必要な情報が埋もれてしまいます。「情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)」さんは「ブロガーは連帯する!〜マスメディアは連帯できないのか?:佐藤正久発言への対応 」を天木さんの「裏のメディアが表のメディアになる時、世の中は激変する」に「トラックバック」しなければいけないと思います。

お役人じゃないんだから、「明後日の方に向かって独り言を言ってそれを汲み取れ」みたいな、まどろっこしい事は止めましょう!天木さんの所には以前私も「トラックバック」したのですが反映されませんでした。又「らんきーブログ」さんの「ネットの力」を見ると天木さんのブログ管理者に疑問符が浮かびます。

と言う事で皆さん意味のある「トラックバック」をガンガンして行きましょう。ただ左翼系の意味はあるけど集中豪雨的な「トラックバック」は「スパム化」してしまい問題ありだと思います。その辺は個々の方々の「知性」が要求されます。この「エントリー」はお二方に「トラックバック」しましたので天木さんはチェックしてみて下さい。

Love & Peace

[PR]
by beautiful_japan | 2007-08-14 07:07 | メディア 大本営発表

■臨時国会・お言葉を述べる天皇陛下 
第167臨時国会開会式でお言葉を述べる天皇陛下。「国民の信託に応えることを切に希望します」と述べた(7日午後、参院本会議場)(時事通信社


■東大寺 大仏お身ぬぐい…約200人が1年のほこり払う 
大仏の上に登り、たまったほこりを落とす僧侶ら=奈良市の東大寺で7日、小川昌宏撮影
毎日新聞)この写真の記事へ ■東大寺盧舎那仏像(Wikipedia

■おはようございます。上記のように状況は変化しつつあるようです。しかし中谷氏、首相に辞任要求「一度、身を引いて」の記事に以前のように「しんちゃん」の半べそ写真が掲載されていないのが気になります。私の「深読みし過ぎ」であればいいのですが、何らかの報道規制がかかったとしか考えられません。それとも私が釣られてるんでしょうか?

a0085558_10163621.jpg
「視覚言語」の読解力がある方であればお気付きだと思いますが、「Brother Sun, Sister Moon 」の月の飛行機は着陸体勢に入っております。要するにあれで有終の美を飾ったつもりでしたが、再起動する事にしました。とは言えもう立秋なので残り少ない「夏」も満喫したいので「編集・Remix」作業に多少時間がかかると思います。


■Get Up, Stand Up(lyric
そう言えば「ボブ・マーレィ・Bob Marley 」も夭逝してますね。

[PR]
by beautiful_japan | 2007-08-08 08:08 | メディア 大本営発表
ところで、教育基本法が、準憲法だって言われるのは、なぜか、ご存じですか?

それは、次の「選挙権者」を育てる法律だからです。民主的な考え方ができる人が育たないと、世の中は、おかしくなる。憲法における人権保障も失われる。だからこそ、教育基本法は準憲法なのです。

もう一つ準憲法があります。それが「放送法」なのです。

放送法は、人々の投票行為に多大な影響を与えるテレビのあり方を規制する法律です。そこで、流れる情報が偏っていたら、自律的な判断はできなくなり、政府の思うように、投票行為を操ることが出来るようになります。現に、前回の選挙はそうでした。今回の選挙だって、安倍のみを単独でテレビ出演し、問題となっている。【『二大政党中心』『安倍首相の単独出演』 これって公平?参院選報道

つまり、人の投票行為に直接影響を与えるという意味で放送法は準憲法と呼んで差し支えないのです。

そして、このブログを読んで頂いている方ならご存じのように、民主的なものとして成立した「放送法」は、日本が米軍から独立を果たして直ぐに、改悪されました。「政府から独立した委員会」が廃止されたため、「政府から独立した委員会」による放送行政(放送局に免許を与えたりすること)から、「政府」による放送行政になったのです(ここなど参照)。

こうして政府が放送行政を握ることにより、日本のテレビ、新聞を政府が操ってきたのです(ここ参照)。新聞に対して、テレビ免許をやるというエサをちらつかせながら、テレビと新聞を系列化してしまい、もはや、政府に正面からたてつくことが出来るメディアが少なくなってしまったのです。 全ての元は、「政府が放送行政を握っていること」。これにつきるのです。政府に放送行政を与えなければ、恐らく、自民党の一党支配はなかったはずです…(ここなど参照)。

そして、いま、この放送に関する政府監督システムが、インターネットの世界に持ち込まれようとしているのです。

せっかく、インターネットにおいて、政府を監視するサイトが増えてきて、政府に対する冷静な判断ができるようになってきました。これが政府には目障りなのです。政府にとって、事実を暴かれることは、避けなければならないのです。

インターネットは、安くて、それでいて、多くの人に情報を伝えることができる民主的な道具です。ここに政府が直接、口をはさむなんてトンでもないことです。

中間取りまとめに対するパブリックコメントは、7月20日午後5時までです。パブリックコメント(←クリック。ここに要領あり)(read) 



[PR]
by beautiful_japan | 2007-07-18 17:54 | メディア 大本営発表
■二項対立 「成長か逆行か」 
危機管理意識が高揚するのに伴い、難しいことは敬遠され、善悪や真偽で割り切る単純化や簡略化が進む。政策も「守旧派対改革派」といっった「二項対立」で提示される。

ヒトラーは自著の「我が闘争」で「国民が二項対立に熱狂するとき、プロパガンダに最も有効な環境が現出する」と書いた。少しは周囲を見渡すことが必要ではないか。

単純で据わりのいい結論や早急な判断が求められる---そんな空気が充満する中で、改憲が争点になるのは危険だ。 森達也・映画監督

■増税の「成長」か福祉の「逆行」か! 
「成長か逆行か」と問われてもどちらもNOに決まっている。住民税に続き、9月からの厚生年金値上げ!献金や天下り天国をやめろ!


■YouTube - 自民党新CM(30秒バージョン

[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-26 23:54 | メディア 大本営発表
菅義偉総務相は17日、秋田市内で行われた「頑張る地方応援懇談会」に出席後、記者団に対し、個人住民税(地方税)の一部を生まれ故郷などに納める「ふるさと納税」導入を検討する総務省研究会の次回会合(27日)に、賛成派の東国原英夫宮崎県知事と反対派の松沢成文神奈川県知事の2人を招いて討論会を行うことを明らかにした。(read





[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-17 23:54 | メディア 大本営発表
■asahi.com
公明党の太田代表は16日、千葉県鎌ケ谷市で街頭演説し、年金記録の管理問題について、元厚相の小泉前首相や民主党の菅直人代表代行、公明党の坂口力元厚労相の名前を挙げ、「みんな悪い」と指摘した。ただし、「(基礎年金番号の)制度を設計したのは菅氏、施工したのは小泉氏、内装・電気工事をしたのが坂口氏。菅氏が悪いのは当然だ」と述べ、菅氏の責任が最も重いとの見方を示した。

■nhk.or.jp
太田代表は今回の問題について、「制度を作ったときに厚生大臣を務めたのは民主党の菅代表代行であり、そのあとに大臣を務めたのは小泉前総理大臣だ。また、小泉内閣のときには公明党の坂口副代表が厚生労働大臣を務めていた。みんな責任はあるし、われわれにも責任がある」と述べました。そのうえで、太田氏は「もっと悪いのは働かない社会保険庁や労働組合の対応だ。しかし、『誰が悪い、彼が悪い』と言う前に、国民の不安を解消するために全力をあげていくことがいちばん大事だ」と述べ、歴代の厚生大臣らの責任を追及するより、国民の不安解消に向けて、本来受け取る年金の額を支給できるような取り組みを進めていくことが先決だという考えを示しました。

■ 素人のブログが書いてる公明党の坂口力・厚労相の失策を指摘出来ずにスルーする朝日新聞 「ともだち」(read

■今回番組でとりあげたメディアリテラシーのポイントは4つ。
1.テレビに映るのは一部分
2.インタビューは編集でかわる
3.数字やグラフに注意
4.音楽でイメージがかわる





右クリ拡大

[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-17 23:54 | メディア 大本営発表
みのもんたの参戦によって、政治問題が朝の帯番組で取り上げられることになった。しかも、アナウンサーではなく、タレント司会者のみのもんたによって、それが「料理」される。ここが、普段から「おもいっきりテレビ」の人生相談コーナーを見ている、B層の主婦を引きつけることになる。朝起きたばかりの眠い目をこすりながら見る番組は、脳裏の深層部分の無意識に焼き付けられる、という心理学を応用した考え方があるのかもしれない。

H氏によると、この番組で一番危ないのは、どうやら「8時またぎ」というコーナーらしい。この中でみの氏は、「ほっとけない」という言葉を発する。この言葉を発せられた問題は、「だいたい既に解決策がある程度決まっているらしい」というのである。(read

■裁判所に提出したのは呪詛の言葉ではなく「家族愛の思い出のアルバム」「博多祇園山笠」「夜猿来争乱祭」(read
■世に倦む日々に書き込んだコメントが瞬時に削除さたので抗議させて頂きます言論封殺・常時監視の恐怖政治(read
■"世に倦む日日"のthessalonikeはやっぱり無知蒙昧でしょう(read


画像はジャパン・ハンドラーズと国際金融情報より転載

[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-15 23:54 | メディア 大本営発表