絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー

<   2006年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧

右でも左でもなく

私の人生哲学の積極面は次の三つの言葉に秘められている。即ち自由・平等 ・友愛である。しかしこの思想をフランス革命から借用したと思ってもらっては困る。私の哲学は宗教に根ざしており、政治科学から生まれたものではない。私はその思想を我が師であるブッダから受けている。彼の思想には自由と平等があるのだ。しかし無制約な自由は平等を破壊し、絶対的な平等は自由を窒息させてしまう。法は単に自由と平等の侵害者への防衛者に過ぎない。そして法は自由と平等の侵害を防ぐことができるとも思わない。自由と平等の侵害者に対する真の保護者は友愛でしかなく、それは兄弟愛・ヒューマニティとも呼ばれ、宗教と言われるものの別名でもあるのだ。

これはカースト最下層に産まれながらインドの憲法草案を作成し、生涯カースト差別と戦い続けたビームラーオ・ラームジー・アンベードカル言葉だ。日本人は「宗教」と言うと反射的に嫌悪感を持つ人が多いけど、宗教と宗教教団は全く別のモノである事を先ず理解する必要がある。IP電話と近未来通信、ミソとクソを混同しないで欲しい。Religion(宗教)の語源はラテン語の「つながる」から来ている。世俗にまみれ失われてしまった「つながり」を再生するのが本来の宗教であり、その第一歩として「今、ここに在る」事に感謝し、感謝する事によって多くのつながりに「気付く」はずだ。そのつながりに気付く事こそ「宗教心」の芽生えである。私は残念ながら特定の宗教を信仰するには至っていないが、宗教心を強く持ち続けようと努力し、宗教を深く信じている。

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-31 23:54 | 宗教 vs グローバル化
ラストサムライ・北の零年・硫黄島からの手紙、そのどれもが立場を替えながら日本を象徴する男を演じる渡辺謙が時代の流れに抗えずに滅んで逝く物語だ。もちろん、その源流はアメリカにある。武士道を貫いた勝元盛次、刀を捨て髷を自ら切った小松原英明、そして親米近代主義者の栗林忠道も敗れ去る。唯一生き残った小松原は娘から拒絶され、自らの裏切りを慈悲の心で許容してくれた妻が苦闘の末に築いた財産を、政府の命により収奪するしかない。この経緯は生き残る為には家族でさえも切り捨てて、権力による搾取の手先になるしかない事を示している。これは跳躍跋扈する多くの売国奴の行動原理そのものだ。栗林は同胞を守る事を選んだが故に死ぬ。
[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-30 23:54 | メディア 大本営発表
内閣府での初会見で、渡辺喜美・行政改革担当大臣は公務員制度改革について「押しつけ型の天下りを根絶するという安倍首相の指示に従い、より徹底した案を作っていくことが必要だ」と述べ、来年の通常国会で天下り規制強化の法改正を実現することに意欲を示し、「しがらみとなっている制度、規制をこのまま放置すると税金が余計にかかり、将来の負担になる。愛の構造改革をやっていく」と抱負を述べた。

「何と言っても突破力がありますから。行政改革には突破力が必要ですから、そこを見込んで起用致しました」と安倍晋三首相。それに応えて渡辺大臣は「私なりに解釈すると突破力って言うのは岩盤のような色んな障害物が聳え立っているような感じですね、それを打ち破る腕力・気力・持続力。 国民の共感を得なければならないから、三大要素に加えて国民に対するアピール力ですかね」確かに根暗な感じの佐田玄一郎・前大臣に比べると政治家らしいパワーを感じる。だったら初めから突破力のあるこの人登用すればいいのに、と思って朝日新聞読むと…

政府が通常国会に提出する国家公務員法改正案は天下り原則2年間禁じた「事前規制」を撤廃するかわりに、罰則や監視強化など「事後規制」に切り替える。公務員への民間企業への再就職を後押しする内容だ。政府案には佐田担当相の意向で天下り2年禁止を一定期間維持する措置も盛られている。民主党などの反発などに配慮したものだが、渡辺氏はこの措置について「最終決定されたものではない」と会見で述べ、慎重な姿勢を示した。

「官民人事交流は米国のようにとは言えないが、大いに拡充、活発化していく必要はある」会見で渡辺氏は、政府と民間の人事交流の必要性を強調した。こうした発言は、安倍首相の意向に沿ったものと言える。首相が掲げる「官邸機能強化」のモデルは官民の人材交流が活発な米ホワイトハウス型だが、実現には天下りの2年禁止措置が妨げになりかねない。首相は国会で「官民から優秀な人材を集め、人事の交流をより開いていく必要がある」と発言した。

なるほど!「愛の構造改革」の意味がよーく判りました。今以上に官と民が一体となって「民」の御用聞きを徹底し、その見返りに「官」のお世話をしてもらおうと言う訳ですね。97年〜98年の金融危機に銀行への公的資金投入を可能にする法案のとりまとめに渡辺先生が御活躍されたのも「愛」だったんでしょうなあ。て言うか佐田前大臣の方が全然マトモに思えて来た。普通は先生お守りする筈の公設第1秘書が「政治団体に活動実態なかった」って言うもんなのかね?あの不機嫌さも今にして思うと。

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-29 23:54 | 安倍政権閣僚 自民党
住基ネット違憲判決三日後に裁判長が自殺した件で日本アンチキムチ団は「朝銀の補償は無効」との判決を出している点に注目。「北朝鮮系の金融機関で経営破綻した朝銀近畿信用組合が、朝銀グループ系列だったノンバンク2社から86億円余分の債務保証の履行を求められた訴訟で、大阪高裁(竹中省吾裁判長)は9月26日、一審判決を取り消し、請求を全面的に退ける判決を言い渡した」

そして寄しくも、「在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻処理をめぐり、預金保険機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した」

個人的にはキムチ大好きですし、嫌韓厨と言う訳でもないんですが 、この最高裁の判決は穿った見方したくなる誘惑を抑えられません。「住友銀行名古屋支店長射殺事件、この事件をきっかけにして、銀行は闇社会からの債権の回収をあきらめ、日本はヤクザ不況の真っ只中に突入していったといわれる」 と同じような構図に見えて仕方がないです。

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-28 23:54 | ゴミ箱

白蟻

厚生労働省は75歳以上のお年寄りの外来診療について、医師の治療を1カ月に何回受けても医療機関に支払われる診療報酬を一定にする「定額制」を導入し医療費の抑制を図る方針を固めた。現在の診療報酬は、個別の診察や検査、投薬について細かく料金が設定され、それを積み上げて治療費が決まる「出来高払い」が基本。患者に多くの治療を行うほど医療機関の収入が上がる仕組みで、高齢者の外来医療では「過剰な診療で、医療費の増加や病院・診療所のサロン化を招いている」との指摘もある。 しかし、患者の受診機会の制限につながる可能性や、医療機関がコストを下げようと必要な医療まで行わなくなる危険もある。

ホワイトカラー・エグゼンプションでも気になってたのが、用もないのに残業代目当てでタイムカード打つまで時間稼ぎでダラダラ仕事の振りしてるような連中。それと同じ類のサモシイ根性の病院サロン化。新自由主義と言う名の利己主義には絶対反対なんだけど、この手の矜持を持たない「田子作」が日本の土台を蝕むシロアリみたいに巣食ってるのは本当に大問題。もちろん最強最悪のシロアリは言うまでもなく財政赤字をここまで積み上げた政官財の三位一体。社会保険庁はモノ凄い勢いで叩かれてるけど、箱モノ作って一番儲かったのはゼネコン。でも社会保険庁の件でゼネコン批判に話しが及んでるの見た事も聞いた事もない。右肩上がりの時代には二足三文の土地を国に買い取らせてたけど、船が沈みかけると国の一等地売り払う算段の自民党。上から下まで害虫だらけの国。

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-28 23:54 | ゴミ箱
労働政策審議会は労働組合側の導入反対を押し切って、1日8時間週40時間の労働時間規制を撤廃するホワイトカラー・エグゼンプションこと「残業代ゼロ過労死労働」の導入を適当とする報告書をまとめた。日本経団連は年収400万円以上を対象者要件の「年収が相当程度高い」としている。これ、「時給で働く非正規社員以外は全員残業代ゼロで働け!嫌なら派遣でもアルバイトでも好きなものになれ!」と言ってるのと同じですよね?
[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-27 23:54 | 日本経済団体連合会 経済同友会

顔に出しちゃダメ

当り前なんだけど佐田玄一郎行政改革担当大臣は辞任した。昨日も今日もこの人の記者会見たけど全然反省してるように見えない。逆切れ気味で、胸の内が顔と態度に出ちゃってる印象を与える。そういう風に見せちゃう時点で政治家としての適性に欠けてるし、人間の器が小さいと思う。記者の「議員としての辞職を求める声も一部にはあるんですが」に「えっ!何ですか?」と議員辞職など念頭には全くない御様子。具体的な説明を一切しないまま、わずか12分で会見を切り上げて、逃げる様に背を向けて歩き出した途端に思わず舌が出てるし。設立後10年間に政治活動費約2億1300万円の支出を収支報告書に記載している「佐田玄一郎政治研究会」について、公設第1秘書は「活動実態がほとんどなかった」と証言し、この約2億1300万円も虚偽である疑いが浮上してるんですけど。

a0085558_659116.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-27 23:54 | 安倍政権閣僚 自民党

また六本木ヒルズか

新興宗教がかったテンションのTVCF「コムスンの誓い!」で認知度の高い、訪問介護最大手のコムスンが必要のない介護報酬を過大に請求していた疑いが強まり、東京都の一斉立ち入り検査を受けた。コムスンはボディコンギャルのお立ち台で一世を風靡し、末期には覚醒剤で逮捕者も出たジュリアナ東京や、ヴェルファーレを立ち上げた折口雅博氏が会長を努める人材派遣会社グッドウィル・グループの中核企業だ。利用者負担分を除いた介護報酬の半分は税金、残り半分は保険料でまかなわれているが、高齢化社会到来による財源不足で破綻が懸念されている。金・金・金の市場原理で動いて効率化を求めるる巨大企業に、細やかな心使いが必要な福祉の現場を理解出来るとは思えない。地域社会に溶け込んだ顔の見える人達が血の通ったサービスをするべきで、経団連理事の肩書きや金で買った紺綬褒章は必要ない。安倍晋三首相、折口会長ともがっつり握手しちゃってますね。

a0085558_22524366.jpg削除された折口雅博グッドウィル会長と安倍晋三首相の握手画像(watch

削除された折口雅博グッドウィル会長と安倍晋三首相の対談 コムスン通信 No.10(read

[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-27 23:54 | ゴミ箱

11カ月連続の消費減少

総務省が発表した11月の家計調査によると、全国全世帯の消費支出は、前年比実質0.7%減だった。11カ月連続の減少で実額は28万2860円。労働分配率を下げて会社の利益を上させてるんだから当然なんだけど、経済財政諮問会議・日本経団連の御手洗冨士夫会長の「景気が良くなったなと実感できる1年だった」とは真逆の調査結果になった。
[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-26 23:54 | ウツクシイクニ
安倍晋三首相は愛人同居疑惑で辞任した本間正明・政府税調会長の後任に香西泰・日本経済研究センター特別研究顧問を選び「財政、税制への深い見識を持った方であり、従来から尊敬していた。バランスのとれた税制を私の諮問に沿ってまとめてほしい」と説明した。御当人の香西泰・新政府税調会長はNIKKEI NET:特集 税をただす リスクに報いる制度に で「株譲渡益のほか利子・配当など金融所得をひとまとめにし、給与などの勤労所得と切り離して低率で一律課税する二元的所得税は有効なアイデアだと思う。所得が増えるほど税率が高くなる所得税の累進税率の刻みを今の四段階から三段階くらいに簡素化し、中所得者層が努力をして所得が増えたときの税負担増をできるだけ抑える工夫も考えなければならない」と語っていた。バランスとれてるのかこれ?
[PR]
by beautiful_japan | 2006-12-26 23:54 | 政府税制調査会