絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー

<   2007年 01月 ( 47 )   > この月の画像一覧

気象変動や国債情勢のリスクに加えて、マグロ見れば分かるように需要と供給で簡単に価格は上昇する。所信表明演説で「安全保障の国家戦略を、政治の強力なリーダーシップにより迅速に、決定する」と言ったからには、WTO(世界貿易機関)の農業保護批判と経団連の後押しに屈するような事はないんでしょうね?
[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-31 23:54 | アメリカ イスラエル
キヤノンが29日に発表した06年12月期の連結決算は、当期利益が前期比18.5 %増の4553億円となり、7期連続で過去最高を更新した。(read)それでもなお企業の実効税率負担を10%下げろ残業代は払わない、と言い張る御手洗冨士夫会長
[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-29 23:54 | 経済財政諮問会議
教育についての科学的な検証に従事している者をひとりも含まないメンバーから成る教育再生会議がインパクト重視でまとめた報告書。その提言が、将来この社会を担うすべての子供達の毎日の生活を大きく左右しかねない事に対して、計り知れない危機感を感じる」と本田由紀・東京大学助教授は教育再生会議を批判する。「授業時間数の増大が必ずしも学力の向上に結びつかないのは統計的にも明らかであり、学力低下は成績上位層には見られず、成績下位層の増加が問題だ。勉強に対する動機付けが弱いのが日本の弱点だ」と指摘し「教育内容と実生活や仕事との関連性を分りやすく説明し動機付けし、成績下位層には進級・進学のハードルを設ける事によって意欲を喚起させる」と提言。「今回の報告のように手前勝手に愛や規律や奉仕活動を押しつけても、子供達は一層内面的な離反を強めるだけである」と締め括った。
[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-29 23:54 | 愛国心 日の丸 君が代
牛乳の賞味期限が1日切れた程度で不二家が凄い勢いで連日叩かれたのに、世界有数の地震大国の耐震偽装は黒い涙流せば終る。そんな美しい国創り内閣の先生方は御家族共々アパマンションに住んで下さい。

a0085558_2124449.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-28 23:54 | 安倍晋三先生 昭恵夫人

自由のホロコースト

国連総会はナチス・ドイツによるホロコーストを否定する動きを「無条件で非難する」とした決議案を投票なしで採択した。決議は、ホロコーストの事実を再検証する国際会議がイランで開かれるなど、ホロコーストの存否に関する議論が一部で起きていることも踏まえ、米国などが提出。決議はこのほか、「歴史的事件としてのホロコーストの全面的、部分的否定や、これを目的としたいかなる活動も認めないよう全加盟国に要請する」とした。これに対しイラン代表は、決議採択は「偽善的な政治運動だ」と批判した。(read

欧州連合内で、ナチス・ドイツによる第2次大戦中のホロコーストの事実を否定したり、ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止しようという動きが出ている。一部の加盟国は「言論の自由」が制限されるとして反対姿勢を示しているほか、カギ十字を「平和」の象徴とするヒンズー団体も猛反発しており、法整備までには紆余曲折がありそうだ。(read

「自分にはヘドがでそうな思想であってもその表現の自由は徹底的に擁護するとヴォルテールが200年も前に述べているというのに、いまだにこの問題を議論しなければならないということである。自分たちを虐殺した者たちの根本教義が後世に採用されたとなっては、ホロコーストの犠牲者たちも浮かばれまい」とノーム・チョムスキーは歴史修正主義者の検証の自由を認めている

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-27 23:54 | 宗教 vs グローバル化

施政方針演説

「教育再生は内閣の最重要課題です。現在、いじめや子どもの自殺を始めとして、子どもたちのモラルや学ぶ意欲の低下、家庭や地域の教育力の低下といった問題が指摘されています。公共の精神や自律の精神、自分たちが生まれ育った地域や国に対する愛着愛情、道徳心、そういった価値観を今までおろそかにしてきたのではないでしょうか。こうした価値観を、しっかりと子どもたちに教えていくことこそ、日本の将来にとって極めて重要であると考えます」

「政治再生は日本の最重要課題です。現在、事務所費や耐震偽装を始めとして、政治家たちのモラルや規範意識の低下、経団連やアメリカとの癒着といった問題が指摘されています。公僕の精神や自律の精神、自分たちが生まれ育った地域や国民に対する愛着愛情、道徳心、そういった価値観を今までおろそかにしてきたのではないでしょうか。こうした価値観を、しっかりと政治家たちに教えていくことこそ、日本の将来にとって極めて重要であると考えます」



[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-26 23:54 | 安倍晋三先生 昭恵夫人
元谷外志雄・アパグーループ代表は語る「日本の住宅がどうして高いかと言うと、細かい所までを気にし過ぎるから。アメリカで住宅のモデルルームに行ったことがあるのですが、隙間が空いている箇所を指摘すると、「生活上には支障ありません」という返事(笑)。日本だと床にパチンコ玉を転がして、一ミリの床の傾きまでチェックします。生活に支障がなくても、ただ傾いている、ヒビがある、隙間があるというのが全てやり直しの対象になるのです。この風潮の結果、みんなが割高のものを購入することになっている。日本人の国民性もありますし、行政指導もあるのでしょうが、もう少し鷹揚に構えていてもいいのではないでしょうか。ヨーロッパの街も、写真で見ると美しいですが、行ってみるとそれほどでも(笑)。荒削りなのです。3〜4割、コストが上がることを考えれば、それでも良いのではないかと思います」


a0085558_441420.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-25 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
大野晋・学習院大学名誉教授によると「日本では政治をマツリゴトといい習わしてきた。つまり日本では政治は、人々が集まって多数で決議することによって始まったのではなく、カミにものをマツり、カミの加護を求めることに始まり、その系譜で引き継がれてきたことが分かる。すなわちこれは金品を権力者に贈与することによって、下賜される便益を享受しようとする行動の原型である」

更に大野教授は「カミに対して奉仕するものはそれに先立って自身を清めるためにミソギやハラエをする。罪をケガレと捉え、罪を外側についた汚れと考える。だからミソギをすれば、つまり水に入って洗い流せばよいと考える」と続ける。

「国家的祭祀の一つである大祓(オオハラエ)は人間の犯す罪の祓除(ハラエ)を願っている。注目すべきは罪の祓除の考え方である。行為についての『個人』としての自覚は全然問われず、カミは個人的戒律の違反を処罰する事もない。風によって、川から海へ、海から地底へと罪をはらって行けば、それは失われると説いている」

「ハラヘの考え方は、今日広く行われているオハライの根源であって、罪過・公害・公金使用などは隠蔽し、先送りして行けば、いずれ消失するに違いないとする考え方の原型をここに見る事ができる」

「ここにはまた、神と人間の間で約束をとりかわし、その約束を守るという契約の観念もない。個々の人間が自分の約束・責任を果たすことによって幸せを得るという自己規律の観念もない」と言う事で国会が始まります。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-24 23:54 | 日本の伝統・文化
丹羽宇一郎・伊藤忠商事社長は経済財政諮問会議の課題を「安倍内閣の経済政策の目標は、人口減少社会においても構造改革を一段と加速させて経済成長を続け、国民生活の質を維持・向上させることと考える」と説明(PDF)した。構造改革は大多数の国民の生活の質を低下させ、極く一部の「勝ち組」の生活の質を維持・向上させた、と感じるのが一般的だろう。つまり、経済財政諮問会議において国民と定義されるのは極く一部の「支配層」であり、「奴隷」人口の減少により経済が下降するのを防ぐ為にホワイトカラー・エグゼンプションを始めとする様々な構造改革を導入しようと言う訳だ。

「ホワイトカラー・エグゼンプションの本当の趣旨は、大手企業の大部分がそうだが、若い人でも、残業代は要らないから仕事をもっと早くスキルを身につけてやりたい、土日でも残業代は要らないから出社したいという人がたくさんいる。しかし、経営者がしてもらっては困ると言っている。なぜなら出社されると残業代を全部払わなければいけない。家で仕事をするよりも、会社に来て色々な資料もあるし、これで自分が人よりも早く仕事を覚えて仕事をしたいんだと。それを今は仕事をするなと言っている。ホワイトカラー・エグゼンプションの制度がないからだ」と丹羽議員は語る。

この発言を聞いて、日本の技術を学んでもらう「外国人研修制度」を悪用し研修生を低賃金で長時間働かせていた事件を思い出した。「若い人・大手企業の大部分」ってのも話しが違うけど、安倍晋三首相は「残業代をゼロにすると働き過ぎの日本人が仕事を早く切り上げて家族と触れ合える」って言ってなかったっけ?去年「正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる」の名言を残した八代尚宏・国際基督教大学教授は今回も「残業の定額払い法案であるというべきだった」と独自の理論を披露した。

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-23 23:54 | 経済財政諮問会議

御手洗、水に流さず

日本経団連の御手洗冨士夫会長は記者会見で、「ホワイトカラー・エグゼンプション」(WE)の導入を盛り込んだ労働基準法改正案について「法案は提出されるのではないか。経団連の主張が通ることを期待している」と述べ、通常国会での法案提出をあきらめていない姿勢を示した。更に「米国ではWEの対象になると管理職に近づいたと誇りに思う。WEには自立的な働き方を促す意味があり、残業代ゼロ制度と訳すのはミスリーディングだ」とミスリーディングした。(read

a0085558_2255368.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-01-22 23:54 | 日本経済団体連合会 経済同友会