絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

久間防衛相は29日、アメリカ・フロリダ州タンパのアメリカ中央軍司令部を訪れ、ブッシュ政権のイラク追加派兵を支持する考えを表明した。今年1月、久間防衛相はイラク戦争を始めた「アメリカの判断は間違いだった」と発言し、波紋を広げた。今回のアメリカ訪問には、自らの発言でアメリカ政府内に生まれた「不信感」を払しょくする狙いがある。久間防衛相は「いろいろな問題を抱えてなかなか解決していない中で、努力されているさまがわかりました。最後の賭けというか『(イラクに)増派してもやる』という決意を高く買っております」と述べた。自らの発言が「誤解を与えた面もある」と低姿勢だった久間防衛相。日本時間来月1日は、ゲーツ国防長官との会談に臨み、ここでも信頼関係の修復に当たりたい考え。(read

今日から、安倍首相はアメリカ訪米だそうだ。 それで、今日の新聞(産経だが)には、「集団的自衛権行使容認へ」の記事が出ている。秋を目処に、アメリカに対する集団的自衛権に限って容認する方向で進めるという。この件については、もともとアメリカに対する集団的自衛権には、慎重だった久間防衛大臣も、どうも容認する動きらしい。やはり、自分の舎弟である長崎の伊藤一長市長を長崎で暴力団の鉄砲玉とみられる男に殺害されたことがよほどの重圧になっているらしく、もはや従うしかないと決めたのだろう。あの長崎の事件については、防衛省関係者の間でも、長崎・佐世保における防衛利権を巡る争いが展開されていると囁かれているという話だ。(read

a0085558_14203480.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-30 23:54 | アメリカ イスラエル
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題で、ブッシュ米大統領は27日、今年2月の6者協議で合意した核施設停止、封印などの初期段階措置の履行について「我慢にも限界がある」と北朝鮮に速やかな対応を要求した。(read

And I will never forget her visit and I will work with my friend and the Japanese government to get this issue resolved in a way that touches the human heart, in a way that -- it's got more than just a, kind of a diplomatic ring to it, as far as I'm concerned. It's a human issue now to me; it's a tangible, emotional issue.(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-28 23:54 | アメリカ イスラエル
One such issue, of course, I brought up to the Prime Minister is I'm absolutely convinced the Japanese people will be better off when they eat American beef. It's good beef, it's healthy beef; as a matter of fact, I'm going to feed the Prime Minister and his delegation a good hamburger today for lunch. (read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-28 23:54 | アメリカ イスラエル
文部科学相の諮問機関・中央教育審議会の山崎正和会長が26日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、倫理教育や道徳教育について「学校制度の中でやるのは無理がある。道徳教育は、いらない」と、授業で教えることに否定的な見解を示した。政府の教育再生会議は「徳育」の教科化を5月にまとめる第2次報告に盛り込むなど、道徳教育の強化を進める方針。山崎氏の発言は、「個人の意見」と断った上でのものだが、学習指導要領見直しの議論に一石を投じそうだ。

山崎氏は「人の物を盗んではいけないかは教えられても、本当に倫理の根底に届くような事柄は学校制度になじまない」と話した。妊娠中絶や、競争社会で勝者と敗者が出ることなどを例に挙げ「学校で教えられるような簡単な問題ではない」と述べ、安易な道徳強化論にくぎを刺した。その上で、「代わりに順法精神、法律を教えればいい」と話した。

山崎氏は「歴史教育もやめるべきだ。わが国の歴史はかくかくしかじかであると国家が決めるべきではない」とも指摘。「歴史がどうであったかは永久に研究の対象」と述べ、同じ事柄を正反対に記述した歴史文学2冊を読み比べさせることを提唱した。一方で「中教審会長としては委員の意見に耳を傾け伝達するだけ」として、自身の考えを、学習指導要領見直しを議論している教育課程部会の方向性に反映させる考えはないことを強調した。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-27 23:54 | 愛国心 日の丸 君が代
子や孫の世代の負担になる可能性がある「国の債務超過額」が、05年度に約289兆円に上る見通しであることが財務省の試算で分かった。財務省は今年夏に公表する予定だ。借金財政が続くなかで、04年度よりも13兆円増えた。先送りされる負担は、着実に拡大している。(read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-27 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
中国の民族系資本の大手、長城汽車のブースは刺激的だ。スズキブースの正面に大きなブースを構える同社だが、どっかで見たことがあるクルマが多く並んでいる。トヨタや日産車にデザインが酷似していると感じるのは筆者だけではないはず。しかし、世界中のクルマの中で日本車がコピー対象に選ばれたということは、中国人から見て日本車こそが最先端のデザインと言うことなのだろうか。(more photo



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-26 23:54 | ゴミ箱
主婦渡辺秀子さん=当時(32)=の子供2人が北朝鮮に拉致された事件で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の高徳羽副議長は26日、東京都千代田区の中央本部で記者会見し、関連先への家宅捜索について「安倍政権と警察当局が拉致事件に仕立て上げ、総理の訪米前に利用しようと画策した横暴極まりない政治弾圧」と批判した。高副議長は、総連幹部に対する警視庁の聴取要請について「届いたかは確認していないが、対応するに値しない。全くそんな事実はなく、一切拒否せざるを得ない」と述べた。(read

a0085558_21513924.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-26 23:54 | ゴミ箱
米軍横田基地(東京都)とその関連施設で99年からの7年間に燃料漏れ事故が90件発生したにもかかわらず、日本側への通報が1件のみだった問題で、外務省は26日、「通報のあり方に問題はなかった」との見方を示した。新横田基地公害訴訟弁護団らの質問に答えた。同省は「通報がなかったのは米軍側が基地外への被害はないと判断したため。通報すべきか否かは米側が判断することだ」とした。弁護団が「住民の不安解消のためにも、通報対象を広げるべきだ」と要請したが、「要請内容は米国側に伝える」と答えるにとどまった。(read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-26 23:54 | ゴミ箱
安倍晋三首相は26日午前、米国などへの出発に先立って首相公邸前で記者団の取材に応じ、「日米同盟は日本の外交、安全保障の基軸だ。ブッシュ大統領との間で何でも忌憚なく話せる関係をつくっていきたい」と初訪米に向けた意気込みを語った。(read

一方訪米時期が遅いとの指摘があることについては「日米同盟関係は成熟してきている。かつての参勤交代のような、新しい政権ができて、すぐに訪米するという時代ではない」と安倍晋三首相。(read

集団的自衛権の行使を認めるための憲法解釈変更について「私の方針は随時述べている。所掌の部署において、私の方針にのっとって整理研究等をしているのは当然ではないか」と述べた。集団的自衛権の行使はこれまでの憲法解釈では禁じられてきたが、行使の容認に向け内閣法制局などで検討を進めていく意向を示したものだ。(read

狂牛病肉輸入解禁はこちら

a0085558_215308.jpg

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-26 23:54 | 安倍晋三先生 昭恵夫人
昭和天皇に仕えた故・卜部(うらべ)亮吾元侍従の日記に、昭和天皇が靖国神社への参拝を取りやめた理由について「直接的にはA級戦犯合祀(ごうし)が御意に召さず」と記されていることがわかった。昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感を示していたことは富田朝彦・元宮内庁長官の日記で明らかになったが、その事実が改めて確認された形だ。卜部日記は、1969年に侍従となってから32年間に及び、横書きの日記帳33冊に記されていた。日記は卜部元侍従の生前に朝日新聞社に託され、出版を予定している同社が26日に一部を公開した。

靖国神社に関する記述は、88年4月28日の「お召しがあったので吹上へ 長官拝謁のあと出たら靖国の戦犯合祀と中国の批判・奥野発言のこと」と、2001年7月31日の「靖国神社の御参拝をお取り止めになった経緯 直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」の2か所。4月28日の「靖国」以降の記述には赤い下線が引かれていた。富田日記にあるA級戦犯合祀についての不快感と、卜部日記の戦犯合祀についての記述の日付は、ともに88年4月28日。昭和天皇は富田長官に続いて、卜部元侍従にも合祀について考えを語っていたことがわかる。昭和天皇は戦後8回、靖国神社を参拝したが、75年11月が最後。昭和天皇がその理由を明らかにしたことはなく、A級戦犯の合祀と、三木首相の参拝を契機に政治問題化したためという二つの見方があった。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-26 23:54 | 愛国心 日の丸 君が代