絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー

<   2007年 05月 ( 90 )   > この月の画像一覧

民主党の神風英雄議員は、5月14日の衆議院イラク特別委員会で、このやり方を駆使して、米国政府と日本政府の過ちを指摘し、イラク問題の本質を浮き彫りにした。神風議員の筋の通った質問に、安倍首相や久間防衛大臣はきちんと答えることができず、意味不明のことを長々と繰り返した。一昔前までのマスコミは、このような政府側の不誠実な答弁をきびしく批判した。だが、いまのマスコミは批判しない。報道もしない。このため、国民は真実を知らない。国民が真実を知らない状況がつづいたまま、選挙が行われることになる。おそろしいことである。神風議員ら民主党議員のなお一層の御奮闘を望む。(read

私はやはり安倍首相が今年3月の防衛大学の卒業式で述べた訓辞の言葉を重大視したい。安倍首相は「慎重と自制を説く忠言が、いかに致命的危険の主因となりうるか・・・」というチャーチル回顧録からの言葉を紹介した上で、「将来直面するであろう危機に臨んでは、右と左を足して二で割るような結論が真に適合したものとはならない・・・思索し決断する幹部であってほしい」と述べた。安倍訓示に対して大新聞やTV報道はなんら批判していない。厚生労働大臣の『女性機能論』には大キャンペーンをはった日本の主要メディア幹部のレベルを思う。(read

女優、藤原紀香(35)とお笑いタレント、陣内智則(33)の披露宴から一夜明けた5月31日、中継した日本テレビ系番組の視聴率が関東地区24.7%、関西地区40.0%(ともにビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。関西では披露宴中継史上2位の高視聴率。2人がともに兵庫県出身という親近感と、コテコテ演出の連続が関西人のハートをガチッリつかんだ。 涙を誘う“浪花節”も満載だった。中継の合間に2人と家族の感動秘話を紹介。2人が両親に花束を渡す感動シーンでは瞬間最高の49.2%に達し、関西人の約半数が“見届け人”となった。(read

藤原紀香・偽有栖川宮・美しい国、日本(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-31 23:54 | メディア 大本営発表
経済同友会は31日、政治改革に関する提言を発表した。政治とカネの透明性を高める観点から「必要な政治活動のコストは国費でまかなうべきだ」と指摘。公費による政党助成金について、現行の国民1人当たり年間250円から同300円以上に引き上げるよう提案した。必要な財源は約64億円。

丹羽宇一郎政治委員長(伊藤忠商事会長)は記者会見で「全国会議員に『政治資金背番号』を付して個人・企業からの政治献金や政党助成金を名寄せすべきだ」と述べ、情報公開の徹底が前提との認識を強調した。(read

「よーく考えよー お金は大事だよー」名義 天木直人
1:銀行振込 栃木銀行 三島支店 普通預金口座 店番号 081 口座番号 2234551
2:郵便振替 振替口座 00140−5−706486



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-31 23:54 | 経済財政諮問会議
タッチパネル式機器などを使う電子投票が、来年から国政選に段階的に導入される見通
しとなった。慎重だった公明党が容認する方針に転じ、与党の導入方針が固まったためだ。与党は今国会に公職選挙法特例法の改正案を提出し、成立を目指す。施行日は2008年1月1日とする。

電子投票は02年2月から地方選で可能になったが、これまで10市町村で延べ15回実施されたに過ぎない。電子投票を実施した選挙では、機器の不具合によるトラブルが相次ぎ、無効となった例もある。普及を進めるには、システムの信頼性向上などがカギとなる。
read

カリフォルニア大学バークレー校の大学院生と教授が18日に発表した統計分析によると、先日実施された米大統領選で、フロリダ州の電子投票機が示したジョージ・W・ブッシュ大統領の得票数が、本来得られるべき得票数よりはるかに多かった可能性があるという。

調査グループによると、この結果を発表したのは、選挙関係者や一般の人たちに、電子投票システムを見直し、投票結果を紙で残さない機械では票のきちんとした数え直しができないという事実を受け止めてほしかったからだという。

タッチスクリーン式投票機が議論の的になったのは昨年のこと。このシステムを調査したコンピューター科学者たちが、このタイプの投票機がハッカーや票の不正操作に対して脆弱であることを示す数種類の調査結果を発表したのだった。(read

大統領選挙でジョージ・W・ブッシュ当選を世界中の人々に謝るアメリカ人のプライベートな写真を掲載するサイト・エロ画像あり(Sorry Everybodyy



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-31 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
石川健治・東京大学大学院法学政治学研究科教授
「社会経済の均衡のとれた調和的な発展」のために「家父長主義的」な事前規制が重視されていた日本の基本構造を、競争重視に変えた点で、郵政民営化は一種の憲法改正だった。

佐藤幸治・京都大学名誉教授
行政改革や司法制度改革は「政治の復建」であり「冷戦構造の終焉」に伴い、「内閣への権限の集中」を提案した。

杉田敦・法政大学法学部教授
この権限の集中は、政府を大きくするのではなく、「行政のスリム化」と「民営化」を推し進めるためだ。経済活動などへの「規制緩和」と、「問題を事後処理」する司法システムの整備が連動していた。こうした転換は佐藤らにより、官僚主導のドイツ的「法治国家主義」から民間重視の英米的な下からの「法の支配」への移行と説明されてきた。しかし一般的には「法の支配」とは、政治権力といえども憲法に従属することを指す。

高見勝利・上智大学法科大学院教授
佐藤らの議論はすでに学界で「終っていた」古い対立図式を、改革推進のために「強引」にもちこむもので、その手法に「権力と学説が結びついた時の恐さを実感させられた」
read


「日本の伝統を破壊した明治維新における廃仏毀釈で国家神道の付け焼き刃性が見えなくなる」と松岡正剛師(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-31 23:54 | 日本の伝統・文化
2008年の大統領選挙に立候補を予定している候補のほとんどが、イスラエルに対する強い支持を表明している。アメリカの大統領選挙は、まるでアメリカではなくイスラエルの選挙のようである。(read) 「米国はやがてユダヤ人に滅ぼされるだろう」と米国独立の父ベンジャミン・フランクリン(read

私がこの地に派遣されたのは、いわゆる“兵力増派”の第一弾によるものですが、今のところ反乱勢力の暴動鎮圧には何の効果もありません。スンニ派とシーア派の暴力の台頭をずっと目の当たりにしてきました。この国は7世紀以来続く内戦の真っ只中にあるのです。

この国は現在でも我々の駐留を求めていないのに、なぜ我々はここに居るのでしょう?なぜ我が国の大統領は個人的課題に没頭し、実際の戦地で何が起きているのか留意しないのでしょうか?我々がここに居る本当の理由は何なのか?ただ知りたいのです。

この国は我が国にとって脅威ではないのです。自国のことすら気にしない国家のために、なぜ我々は善良な人々の命を無駄にせねばならないのでしょうか?周りの戦友はほとんどが私の見方に賛同していますが、勇気がなくて何も言えないのです。(read


ドナルド・C・ハドソン・ジュニア(Donald C. Hudson Jr.)初等兵・第1旅団特別大隊・第1旅団戦闘部隊・第82空挺師団所属

[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-30 23:54 | アメリカ イスラエル
日本国内で9.11の規模のテロでも起きなければ、7月の参院選では自民党は負けるだろう。北朝鮮の拉致被害者の帰国を「演出」してもダメだろう。それにしても恐るべし「年金」(read) 国際的に孤立する北朝鮮で大流行するはしか(麻疹)で何故か八王子の創価大学だけが全休講の不可思議(read) 全国の「大学」で大流行するはしか特集(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-30 23:54 | 憲法改悪 戦時体制
NHKの改革と信頼回復への取り組みを有識者に検証してもらう、NHK“約束”評価委員会は、平成18年度の事業内容について、番組については全体として視聴者から高く評価されているとする一方、幹部職員の不祥事が相次ぐなど、NHKに対する信頼が大きく回復したとは言い難いなどとした報告をまとめました。この中で、「放送の充実」については、NHKスペシャル「ワーキングプア」など、個別の番組で質の高いものがいくつも見られ、全体としては視聴者に高く評価されているが、番組全体への満足度が、20代の若い世代で前の年に比べ非常に低下しているなどとしています。(read) コンビニで立ち読む雑誌に成下がった民放に倣う事なくNHKは図書館として王道を歩んで欲しい(read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-29 23:54 | メディア 大本営発表
乗用車の25ガロン(約95リットル)のタンクをバイオエタノールで満杯にするには、1人が1年間に食べる量の穀物が必要だ。08年末には米国の穀物の3割が燃料に振り向けられる見通しで、原料の先物価格は昨年比で2倍になった。

隣国メキシコでも、主食トルティーヤの原料になるトウモロコシが値上がりし、低所得者が抗議のデモを起した。食料とエネルギーの境界がなくなり、石油価格が穀物価格を左右するようになった。

8億人の車所有車と20億人の貧困層が食料を争う構図だ。このまま食料価格が上がれば政治不安が起き、世界の経済発展にも影響が出るだろう。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-29 23:54 | 環境負荷 淘汰圧増大
28日当地で開幕した国際捕鯨委員会(IWC)総会で、日本の調査捕鯨に対する批判が噴出した。反捕鯨派は以前から「調査捕鯨という抜け穴を悪用した商業捕鯨だ」と非難しており、反捕鯨各国は総会で、「クジラに死をもたらす捕獲調査の停止を」(ブラジル)と主張し、調査捕鯨を、捕獲を伴わない目視調査などで代替するよう改めて訴えた。

商業捕鯨は1980年代に凍結されたが、調査捕鯨は各国の権限で実施できる。日本はクジラ資源回復を裏付けるため、調査捕鯨としてミンククジラなどを年間およそ1000頭捕獲。調査捕鯨の「副産物」として鯨肉を販売するため、「疑似商業捕鯨」との批判を招いている。(read

日本の古式捕鯨は、あみとり式捕鯨とも云われていて、見晴らしのいい山に、「山見(やまみ)」という見張り場所を設け、 そこからクジラを見張ります。クジラを見付けると狼煙(のろし)や、旗で クジラの種類や方角を報らせます。 知らせを受けると勢子船(せこぶね)、網船、持双船が漕ぎ出され、網船は、クジラの行く先に網を降ろし、勢子船でその網にクジラを追い込みます。

網に絡まったクジラに銛を投げ、弱ったところに、「羽指(はざし)」と 呼ばれる職種の男が口に小刀をくわえて海に飛び込み、刺さった銛を 手がかりにクジラによじ登り、両の鼻の穴に切り込みを入れて、ロープを通すのです、そのロープを二艘の持双船に渡して、クジラを挟み込み、 陸まで運び解体するのです。大洋で捕獲し、母船で解体したアメリカ式捕鯨と、時代を同じくするのですが やり方は異なります。この漁法は、和歌山県太地が発祥の地で、後に高知県室戸に伝わります。(read


[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-29 23:54 | 日本の伝統・文化
臓器を買う人、売る人。日本国内でドナー(提供者)が少ないため、臓器を求めてアジアへ渡る移植患者が増えている。特にフィリピンでは非血縁者の生体移植が7割を占めており、ドナーの多くは「謝礼」を目的とする貧困層だ。臓器売買は倫理や安全の面だけでなく、世界的な臓器不足と貧困問題を念頭に取り組むべきだとの声が高まっている。マニラ市の貧困地区バセコ。約4万5000人の住民のうち約3000人が臓器提供者と言われる。

「手術後、謝礼として11万5000ペソ(30万円)もらった」と話す男性(32)は03年、日本人の男性に腎臓を提供した。自転車で客を運ぶ仕事の収入は、多いときで1日120ペソ(約310円)程度。子供を抱え、まとまったカネが欲しかった。腎臓摘出は怖かったが、周囲の「経験者」たちから話を聞き、酒を飲み過ぎないなど注意すれば大丈夫、と自分に言い聞かせた。 だが、「謝礼」は1年足らずで生活費に消えた。「腎臓が1個なくなっただけで何も変わらない。本当に困ったら、次は目を売る。二つあるものは、ひとつでも何とかなるだろう」

日本には97年施行の臓器移植法があり、臓器の売買を禁じている。同法には日本人が国外で同様の行為をしても適用されると明記されているが、例えば警察がフィリピンで売買を立件できるかどうかは未知数だ。(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-05-29 23:54 | 宗教 vs グローバル化