絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■Peace・平和・911■

1. King Crimson - Peace/A Beginningyoutube
2. Star Children - Prayer For Peace(notfound)
3. One World feat.Miri Ben-Ari - Peace In The Middle Eastyoutube)
4. BT - Love, Peace And Greaseyoutube
5. Gil Scott-Heron - Peace Go With You Brother (youtube)
6. Hyldgaard, So¨ren - Piano Peace(notfound)
7. Maxi Priest - Peace Throughout The Worldyoutube
8. OM - Peace Of Mind(notfound)
9. Love, Peace & Trance- Hasu Kriya(notfound)

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-11 09:11 | 和心 覚醒
a0085558_16132887.jpg
事故米ミニマムアクセス米)の件で怒り心頭に達して気がついた事がある。今まで何度も何度もきっこさん世に倦む日日の人天木先生に対して死刑反対を主張して来たけど、それは全て矮小な1個人の犯した犯罪に対する死刑反対であって、社会的責任・社会的影響力の大きい官僚や企業の組織的で確信犯的な犯罪には断固とした態度で臨むべきで死刑も選択肢に含めるべきだ、と言う思いを強くした。今回のアフラトキシンB1汚染米を摂取した人は100%肝臓癌になる可能性があるのに、未だに流通経路を明らかにせず最終的に被害者が続出しても「発癌との因果関係は証明出来ない」で逃げ切る算段なんだろうか?官僚と企業が一体となった傷害致死事件だろこれは?水俣病や薬害エイズ、活断層上の原発等の政官財一体となった守銭奴共の人命軽視の組織的な犯罪は厳罰に処すべきだ
a0085558_22471133.jpg
江戸時代の「獄門晒し首・家禄没収・お家断絶・領外追放」に匹敵する新しい刑罰が必要だ。刑罰の対象も個人ではなく一族郎党、その件で利益を得ていた家族は老若男女問わず祖父母、兄弟、孫、曾祖父母、伯父伯母、曾孫まで含めた3等親を罰する位の抑止効果を持たせるべきである。その意味での厳罰化には大いに賛成する。具体的な刑罰も例えば、前代未聞の国家的犯罪である活断層上の原発建設関係者一族は「穢多非人とし職業は原発の清掃作業のみを許可する」程度の極論で対処しても未だ生温いと思う。しかし鳴りもの入りでもうすぐ始まる裁判員制度では何故か、地方裁判所で行われる刑事裁判のうち、殺人罪、傷害致死罪、強盗致死傷罪、現住建造物等放火罪、身代金目的誘拐罪など、矮小な1個人の犯した犯罪についてのみ裁かれる事に決まっている。要するに権力が犯した犯罪に庶民を関与させる気は毛頭ないと言う事である

■官僚病の起源---自閉的共同体の病 
1.官僚組織は、本来、国のため国民のためのものであるにもかかわらず、自己目的化し、仲間内の面子と利益を守るための自閉的共同体となっている。そのため、共同体内の地位、昇進や賞罰は、国のため国民のためにどれほど貢献したかによってではなく、共同体の仲間、特に上位の人たちに気に入られるかどうかによって決定される。
2.しかも、その自覚がなく、仲間に気に入られるように仲間のためを尽くしながら、国のため国民のために役立っているつもりである。
3.共同体のメンバーでない人たち、すなわち仲間内以外の人たちに対しては無関心または冷酷無情である。
4.同じことであるが、仲間に対しては配慮がゆき届き、実に心やさしく、人情深い。したがって、共同体の中にいる者は実に居心地がよく安定しており、共同体の崩壊は世界の崩壊と感じられるので、共同体の保全を何よりも優先する。
5.身内の恥は外に晒さないのがモットーで、組織が失敗を犯したとき。失敗を徹底的に隠蔽し責任者を明らかにしない。
6.従って、責任者は処罰されず、失敗の原因は追求されないから、同じような失敗が無限に繰り返され、共同体の外の人たちは甚大な被害を受ける。等々。

a0085558_22281631.jpg
■バター小麦に群がるゴキブリ天下り官僚■(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-10 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
a0085558_22143148.jpg
■ちいさな宝物
金森さんが「さくら」に初めて会ったのは大学4年の時。その前年、雑誌『東京人』の記事で、東京駅前にある丸の内中央公園に猫とホームレスが暮らす場所があることを知った。しばらくして金森さんが訪れてみると、ちょうどそこに「さくら」がもらわれてきたところだった。推定で生後数カ月の彼女は、手のひらにすっぽり包めるほどの大きさしかなかったという。
a0085558_22163667.jpg
■スカスカの世界
このようにして人間世界というものは一つずつ消えていく。そして早晩どこを向いても心の琴線に触れない、まるで発泡スチロールのようなスカスカの世界が目の前に立ち現れるのだ。その先にはそういったスカスカの世界を起点として生きて行かなくてはならない子供たちがいる。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-09 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
a0085558_21511263.jpg
■「健康被害考えにくい事故米(笑)」
三笠フーズがカビ毒アフラトキシンや殺虫剤メタミドホスに汚染された事故米を食用に転売していた問題で、食品研究者や農林水産省は「加工の過程で毒性は薄まっており、健康への影響は考えにくい」との見解を示している。鹿児島、熊本両県の焼酎メーカーに転売されたベトナム産米から検出されたアフラトキシンは、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関の発がん性物質リストにも取り上げられている猛毒。農水省は「業者はコメのカビを取り除き、表面を削って出荷したため、問題はない」とする
a0085558_2152682.jpg
■地上最強の天然発癌物質アフラトキシンB1
アフラトキシンは地上最強の天然発癌物質であり、その毒性はダイオキシンの10倍以上といわれる。主に、肝細胞癌を引き起こす原因物質として知られている。アフラトキシンは少なくとも13種類に分かれるが、毒性はB1が最も強い。動物実験では、15μg/kg のアフラトキシンB1を含む飼料を与えたラットが全て肝臓癌の発生を示すなど非常に発ガン性が強い事が分かっている。調理では分解せず食品中に残る
a0085558_2153178.jpg
■事故米を農水省から買った企業(read)■三笠フーズ取引先リスト(read
a0085558_22431594.jpg
■「世界で最も厳しい」とされる食の安全を守って来た全箱検査終了の根拠は?(read
■狂牛病リスク管理が「準安全国」に認定されそうだけど「安全国」ではない!(read
■「アメリカ産牛肉は健康的だから日本人は食え」とブッシュ大統領(read
■処理施設の査察一回と引換えに牛肉の全箱検査終了で月齢条件を緩和する?(read
■ 高まる米国の圧力「われわれの我慢は限界だ」狂牛病肉を輸入しろ!(read
■時々狂牛病肉を輸出するが細かい事は気にせず輸入規制を緩和しろ!(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-08 23:54 | ウツクシイクニ
a0085558_2282031.jpg
■「池袋中華街」構想に「待った」地元商店街が反発
中華料理店や中国雑貨屋がたくさん並ぶ東京・池袋で「東京中華街」を作ろうという構想が持ち上がった。中国人側は新しい観光スポットにしようというのだが、古くから続く地元商店街からは「商店街の活性化にならない」という反発が起こっている。東京・池袋駅の北西には、約200軒の中華料理店や中国雑貨店が並ぶ。中国人店主らがこの一帯を「東京中華街」と名づけて、新しい観光スポットにしようという構想を進めていることがわかった。突然の事態に驚いているのは、地元で60年近く店を構える商店街の人々だ。池袋西口商店街連合会の三宅満会長はこう話す。「何せ急な話で戸惑っています。半年前に中国人の代表者と話をしましたが、それっきりで交流はありません。地元商店街の人たちの理解を得てから、立ち上げたほうがよかったのではないでしょうか。時期尚早だと思います」また池袋北口駅前商店街の木谷義一会長は「東京中華街ができれば、地元商店街の活性化になるという人もいますが、ちっともならないと思います。中国人の店は路上で物を売ったりとマナーが悪く、その上、各店で分担している街灯の費用も払っていませんし、困っています」といい、東京中華街なぞ、とんでもないと言わんばかりだ。
a0085558_2293951.jpg
豊島区文化商工部生活産業課によると、池袋は新宿や渋谷に比べて家賃が安いため、1990年代頃から新たに商売を始めようという中国人や留学生が集まってくるようになった。それにあわせて中国人向けの店も増えていて、この数年は急増しているそうだ。安い中華料理店が多いほか、雑居ビルの2〜3階に入っていて、何を売っているかわからない店もある。日本人を呼び込むために、中国の旧正月・春節にあわせた祭りや、料理や中国語、太極拳などの講座を企画し、ホームページも立ち上げると、「朝日新聞」が08年8月28日に報じている。しかし木谷会長は「08年8月8日に中国人が集まって会合を開いたそうです。それ以降は、目立った動きは見られません」と話していて、具体的には進んでいないようだ。一方、豊島区では「区は一切関わっておりません。今後もサポートすることはないですし、様子を見ることにしています」と回答した。

地元商店街や区の協力もなく、東京中華街構想が進むのか、疑問は残る。さらに、最近では、治安の悪化が問題視されている。08年5月には池袋のカラオケ店の店長に集団で暴行を加えたとして、中国マフィアのメンバーらが逮捕された。東京中華街ができれば、日本人を呼び込むのではなく、不良中国人を増やすことになりやしないか、と地元商店街は危惧している

a0085558_23173425.jpg
【華僑支配】移民1千万人受け入れの愚【中川秀直】read
■光化学スモッグの元凶は中国(read
■上海モーターショー日本車まんまパクりの中国車(read
■上海モーターショーに展示された中国泥棒企業の車はデザイン盗用ばかり(read
■著作権泥棒が悪いと13億人理解させるのは無理だから大目に見ろと中国 (read
■壁に穴を開けて宝石などを盗み出す中国人泥棒相次ぐ(read
■嘘つきは泥棒の始まり 中国の燃料消費「公表より多い」(read
■中国は著作権泥棒国家だと米通商代表部(read
■中国は泥棒と中川政調会長(正論)(read
■自衛官の中国人妻は泥棒?(read
■中国人泥棒エンジニア処分保留で釈放(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-08 23:54 | ゴミ箱

■Long Ago And Far, Far Away■

a0085558_18275127.jpg
■Roman Andren - Juanita And Beyondsample
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-07 23:55 | 雑談 ライフログ
a0085558_2316557.jpg
■火事場泥棒フリードマン派
2005年9月、ハリケーンでニューオリンズは大被害を被った。ミルトン・フリードマンは、大災害の3カ月後に、ウォールストリート・ジャーナル紙上で「ニューオリンズの学校が破壊されたのは悲劇であるが、教育制度をラジカルに改革する機会だ」と述べ、公共の学校の復興ではなく私立の教育機関(チャータースクール)をつくることを提案した。ブッシュ政権はこの提案を受けて、学校を私立にするために数千万ドルの資金を投入した。チャータースクールはアメリカを二極化している。公民権運動の成果は無にされた。フリードマンは、政府は警察と兵士を供給すれば十分で、無料の教育の提供は市場に対する政府の過剰な介入である、との考えに立っていた。この結果125あった公立学校は4になり、7つあった私立学校は31になった。4700人の教師が解雇された
a0085558_2317538.jpg
著者(ナオミ・クライン)は、このような大災害などの危機に際し、市場の機会と捉えて、「公共」を「私」に置き換える手法を「災害資本主義」(youtube)と名づけた。フリードマン派の手法は、大きな危機が来て、多くの市民が放心状態になるときに、間髪を入れずに公共財産を民間の資本に売り渡した上、制度を後戻りできないように恒久化してしまうのである。人々がショックに陥って頭が空白になったときを狙って、人々をマインドコントロールしてしまうやり方である。
a0085558_23175688.jpg
■【華僑支配】移民1千万人受け入れの愚【中川秀直】(read
■エコノミックヒットマン竹中平蔵がヒットされる日(read
■CHANGE最終回=小さな政府=外資族=ハゲタカ(read
■橋下徹知事の支持率82%で大阪府民の1/3が反対署名の怪(read
■日本の政治家はいくら金を積んでも買収できませんよ(^▽^)(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-06 23:54 | 未分類
a0085558_12483226.jpg
week 7 Prayer
■神がつぎのように語りかけているのを脳裡に描きたまえ。「わが子よ、なぜお前は毎日われの前に立ったり祈ったり、ひざまずいたり、額で地面を打ちさえし、それどころか時には血まで流して、われにこう言うのか。『わが父、わが神よ、われに富を授けたまえ』と。もしわれがお前に富を与えることがあったなら、お前は自分がずいぶん偉くなったと思いこみ、たいしたものが手に入ったと錯覚するだろう。お前が欲しいと言ったから、与えてやったのだ。が、それを悪用しないように心がけなさい。お前は、それが手に入るまで謙虚だったのに、金持ちになりかかった今では貧しい人たちを軽蔑している。お前を悪くするだけがオチのものに一体何の善さがあるというのか。お前は、もともと悪かったのに、今ではもっと悪くなっている。もっと悪くなるなどとは考えられなかったのだ、それだからこそお前はわれに富を乞い求めた。そこでわれはお前にそれを与え、お前を試してみた。その結果 、お前は見つけ出し---そしてわれによって見破られたのだ。富よりましなもの、もっとたいしたものをわれに乞い求めるがよい。霊的なものを求めるがよい。われそのものを求めよ」(St.Augustinus
a0085558_2083139.jpg
■わざわざ言うまでもないけど昨日の「内側へ向かう・Turning In」と今日の「わが父、わが神よ、われに富を授けたまえ」は東洋と西洋、瞑想と祈りの違いはあっても「同じ一つの真理を別の言葉で語っている」だけである。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-06 00:00 | 和心 覚醒
a0085558_22572714.jpg
■内側へ向かう 内側に向きを変えることは、向きを変えることでは全くない。内側に入って行くことは、行くことでは全くない。内側に向きを変えるということは、あなたがあれこれと欲望を追いかけてきて、追いかけるたびに何度も何度も欲求不満にみまわれ続けてきたことを意味しているだけだ。どの欲望も惨めさをもたらすということ、欲望を通しては満たされることはないということだ。あなたは決してどこにも行き着かないということ満足することはありえないということだ。この、欲望を追いかけてもどこにも行き着かないという真理を見て、あなたは止まる。止まろうと努力するのではない。止まろうと努力したら、またしてもそれは追いかけることだ——微妙な意味で。あなたは未だに欲しがっている——あなたが欲しがっているのは、今度は無欲かもしれない。内に入るために努力しているのであれば、あなたは依然として外に向かっている。努力は全て、あなたを外に外側に連れ出すことしかできない。 旅はすべて外に向かう旅だ。内に向かう旅はない。どうやって内側に向かって旅ができるかね?あなたはすでにそこにいるのだ。行こうとすることなど問題外だ。行こうとすることが止まったら、旅をすることも消える。欲しがることであなたの心がもはや曇っていない時、あなたは内にある。「内側に向かう」と言われているのはこのことだ。だが、それは向きを変えることでは全くない。単に外に出て行かないことだ。(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-05 23:54 | 和心 覚醒
a0085558_23121974.jpg
■Gil Scott-Heron & Brian Jackson - It's Your Worldyoutube)■ぼくらの世界(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-04 23:55 | 雑談 ライフログ
a0085558_22403293.jpg
■希少コウモリ危機                           妊娠中↑
沖縄県・石垣島で建設が進む新石垣空港。その予定地内の洞窟で絶滅の恐れがあるリュウキュウユビナガコウモリの妊娠中のメスが、専門家の学術調査で初めて見つかった。工事に伴い、赤土の流出も深刻な状態が続く。希少動物やサンゴ礁など、生態系への影響を懸念する専門家や市民団体は、反発の声を強めている。「新空港の建設がこのまま続けば、絶滅危惧衆のコウモリ類の個体数の激減は確実」7月中旬、研究者らでつくる「カラ・カルスト地域学術調査委員会」(代表、船越公威・鹿児島国際大教授)は、県などに工事の延期や繁殖調査などを求める要望書を提出した。

小型のリュウキュウユビナガコウモリは、環境省レッドデータブックで絶滅危惧種とされる。同委員会は6月中旬に現地調査し、洞窟の入り口で捕獲した6匹のうち、メス4匹すべてが出産直前だった。昨年6月にも別の調査で、保育中のメス1匹を捕獲している。石垣島ではこれまで、その出産・保育場所は確認されていない。船越代表は「島内で唯一の出産・保育洞では」と話す。だが洞窟の一部は今年中に壊される予定だ

県新石垣空港課の栄野川盛信課長は「いずれも幼獣が見つかっておらず、出産・保育洞とは認めていない」と話す。幼獣確認のため、同委員会が追加調査の申請をしたが、県は不許可としている。同委員会の調査で、ある洞窟で一昨年夏に約1千匹いたリュウキュウユビナガコウモリが昨夏は81匹に激減。同じく絶滅危惧種のヤエヤマコキクガシラコウモリ
が160〜510匹確認されてきた別の洞窟では、昨年3月の調査では2匹しか見つからなかった。

a0085558_2362913.jpg
世界自然保護基金(WWF)ジャパンサンゴ礁保護研究センター今春行った白保海域の赤土調査で、新空港予定地の南側海域は赤土堆積度が最も高いランク8に。白保の海の赤土沈殿量が年々現象傾向にある中、5年半ぶりの異常な記録となった。6月7日にあった大雨では、工事現場から赤土が大量に海域に流出したことが確認された。市民団体「八重山・白保の海を守る会」の生島融事務局長は「白保の海の赤土汚染は新空港工事が原因と言わざるをえない」と言う。

5月には生物多様性基本法が成立し、生物の多様性の保全対策の実行を自治体にも求めている。県はアセス評価書で「著しい影響があった場合は工事をいったん休止する」とも約束している。「守る会」は、コウモリの生息地である洞窟の破壊も、赤土の大量流出も工事を中段すべき状況だとして、工事の続行はアセス違反だと訴える。(論説委員・大矢雅弘)

a0085558_22422723.jpg
■都会に住むなんて、アホの極み!何もない虫もいない(read
■自分の暮らす郷土を守ろうと思い、守るための戦略を立てられる人を育てる(read
■僅か100株の絶滅危惧種ホシザクラの自生地を開発する京王電鉄(read
■絶滅危惧植物サワトラノオの群生地がある湿地にわざわざ国道を建設する天下り(read
■日本の海は音、色、においの暴力があふれています。なにもない浜を造らせて(read
■人間味に乏しく、美的感覚の皆無な行政がイニシアチブを握っているこの現実(read
■「風水」を断ち切る愚行 「大切なものは、目に見えない」(read
■1200年以上守られて来た美しい高尾山の破壊を放置黙殺するんですか?(read
■森林の持つ様々な機能に対する理解を深め生かしていくことが極めて大切(read
天皇皇后両陛下の発せられたメッセージは単純明快!下々の者は心して拝聴するように 特に売国奴と国賊read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-03 23:54 | 環境負荷 淘汰圧増大

■誰一人いないだろう
キュウリの皮をむいて売る人と、それを買って食べる人。余ったキュウリの皮をあげる人と、余った皮をもらって食べる子供たち。キュウリに塩を少しつけて、それをかじり、また人々は歩いていく。たくさんの歩く人。どこに向かって歩くのか。まちがいなく生存に向かって歩いているのだ、と僕はただ感じている。物言わず歩き続けるこの人たちの姿に僕は見入っている。2500万人のアフガン人の誰一人として親や子供や兄弟や姉妹を殺されたり、犯されたり、さらわれたりしたことがない者はいないだろう。そして、それは今も続いている。その歩く姿の遠い背後に、哀しみや絶望、裏切られ続けたであろう今度こそはという期待や夢を想像してみようとしては必ず深い憂鬱に陥る。

a0085558_0193884.jpg
■2001年10月24日
タリバンは訳が分からない狂信的集団のように言われますが、我々がアフガン国内に入ってみると全然違う。恐怖政治も言論統制もしていない。田舎を基盤とする政権で、いろいろな布告も今まであった慣習を明文化したという感じ。少なくとも農民・貧民層にはほとんど違和感はないようです。我々の活動については、タリバンは圧力を加えるどころか、むしろ守ってくれる。例えば井戸を掘る際、現地で意図が通じない人がいると、タリバンが間に入って安全を確保してくれているんです。我々のカバー領域はアフガン東部で、福岡県より少し広いくらい。この範囲で1000本の井戸があれば40万人程度は生活ができると思います。

こんなふうに死にかけた小さな国を相手に、世界中の強国がよってたかって何を守ろうとしているのでしょうか。テロ対策という議論は、一見、説得力を持ちます。でも我々が守ろうとしているのは本当は何なのか。生命だけなら、仲良くしていれば守れます。だから日本がテロ対策特別措置法を作ったのは非常に心配です。アフガンの人々はとても親日的なのに、新たな敵を作り、何十年か後に禍根を残します。以前は対立を超えてものを見ようとする人もいましたが、グローバリズムの中で粉砕されていく。危険なものを感じます。

a0085558_1311226.jpg
■アフガン警察には人質を救出する気があったのか
それにしても納得できないのは今回のアフガン警察の行動である。8月28日の「朝日新聞」は「地元警察などによると警察部隊は26日、山中で犯行グループを発見し銃撃戦となり、ひとりを逮捕」「犯行グループが地元警察らの捜索から逃れる際に射殺したか、銃撃戦に巻き込まれた可能性がある」と報じている。詳細情報は分からないので断定的なことは言えない。それともちろん、悪いのは伊藤さんを拉致した武装グループであることは言うまでもなく、彼らの非道は言語道断である。しかし、今回の警察部隊の行動は人質の存在を無視したものとしか思えない。海上保安庁特殊部隊SST元隊長の坂本新一氏は「これは法執行機関が行う人質救出作戦ではなくて、軍隊のゲリラ掃討作戦ですね。しかも軍隊の訓練もまともに受けていないような民兵がやるような稚拙な対ゲリラ作戦のような荒っぽい手法です。あんなふうに攻めてきたら犯行グループは足手まといになってしまうので人質を殺害してしまうでしょうね」と述べている。

実際反政府武装勢力タリバーンの一派を名乗るムルバイ・ムニブラ司令官は27日、朝日新聞に対して日本人拉致を認め、「われわれは政府側へ何らかの要求をするための人質にするつもりだったが、日本人は政府側との銃撃戦に巻き込まれて死亡した」と述べている。一般的に途上国の警察機関は、人質の救出に重きをおかずに犯人逮捕を優先させるために誘拐事件では人質が犠牲になる傾向が強い。今回も、まともな法執行の訓練を受けた警察部隊であれば、人質の命を優先させて無謀な攻撃は行わず、交渉によって人質の解放を図るという道を選んだのではないか。犯行グループから何らかの要求があったのかどうか、アフガン政府側がどう反応したのか。外務省は詳細を明らかにしていない。あまりにも早すぎる結末。あまりにも悲しい結末。残念でならない。

a0085558_0252995.jpg
伊藤和也さんを射殺したのはタリバンじゃなくてアフガン警察だとしたらアメリカの傀儡政権の仕業じゃないのか?そもそも「真性タリバン」かどうかも不明な「自称タリバン」が跳梁跋扈してるんでしょ?まあ何れにしろ私は「神聖タリバン」支持派なんでテロリスト呼ばわりするつもりは毛頭ない。彼らの現在の活動は日本で言えば「尊王攘夷」な訳で、風土に根ざした伝統を守り伝統を破壊するアメリカは出て行けって事だから積極的に支援したい気持です。

「オリンピック選手ごときに国民栄誉賞とかあげるなら伊藤和也さんにあげるべき」って誰かが言ってたけど、もっとちゃんとした勲章(国家又は公共に対し功労のある方)とかあげてもいいんじゃないのかな?NPOやNGOってフタを開けて見れば自己実現が鼻につくような連中が殆どなのに本当の意味で「利他の精神」に基づいて活動してる稀なケースなんだから。オリンピックで金メダル取りたいって子供が増えるより遥かにいいと思う

a0085558_0292954.jpg
■神の戦士たち
バランスを失わずに、タリバンという現象の総体を理解するために
(1)アフガニスタンの置かれた歴史的文脈
(2)アフガニスタンの部族文化
(3)この地域の政治力学、そして
(4)イスラム教
少なくともこれら四つのパースペクティブが必要だろうと僕は思っている。

イスラム教神学を教える学校をマドラサと言う。パキスタン内のアフガン難民キャンプには、パキスタンや他のイスラム教国の援助によりマドラサがたくさん作られた。難民キャンプで生まれた子供たちの多くがそこでイスラム教を学んだ。 マドラサで学ぶ神学生をタリブという。タリバンはその複数形だ。アフガニスタン南部のカンダハル県マイワンド区シンギサール村の簡素なマドラサでイスラム教を学んだ少年がいた。彼はやがて、聖戦士中のヒーローの 一人、ユニス・ハリスの率いる一派に入り、ソ連軍との戦闘で片目を失ったものの、聖戦士として素晴らしい名声を打ちたてた。

1994年、ソ連の撤退から5年が過ぎていたが、彼の故郷、カンダハルは元聖戦士達に分割され、恣意的な「税」の徴収、略奪、強盗、強姦が日常化していた。彼とその仲間、計30人が、元聖戦士の腐敗を一掃し、アフガニスタンに平和と秩序を取り戻す決意をし、武器を持って立ちあがったのは、その年の夏であった。しかし、彼らのうち、その時、武器を持っていたのはわずかに14人だけであった。彼らがその約2年後に歴戦の元聖戦士達をことごとく打ち破り、 カブールに入城することになるとは誰が予想しただろうか。彼の名前をムッラー・モハマッド・オマールという。現在のタリバンの最高権力者である。

僕はその頃、クエッタに住んでいたが、何か新しいことが始まる、奇跡のような何かが起こる、救世主が現れたのかもしれない、そのような期待で、異様な雰囲気があったのを覚えている。しかし、誰にも何が起ころうとしているのかは、はっきり分かっていなかった。ただ、タリバンの進撃のあまりの速さに驚くばかりであった。すでにその時で、ソ連侵攻から15年、ソ連撤退から5年も経っていた。あらゆる期待が裏切られ「戦争疲れ」「援助疲れ」という言葉が頻繁に使われ、アフガン内戦は「忘れられた戦争」と呼ばれ始めていた。そこにあっという間に南アフガニスタンを制覇してしまう無名の戦士たちが現れたのだ。それは衝撃であった。しかも、彼らはアナーキーな状態を利用して私利を追求するのではなく、治安の回復を最優先していた。援助関係者の中にも「私はタリバンのファンだ」というものが出てきた

アフガニスタン内でも、タリバンの正体が分かるにつれ、住民は彼らを歓迎するようになった。タリバンは略奪、強姦をしない、タリバンは住民を虐めない、タリバンは秩序と治安の回復に専念する、タリバンは進出地の武装解除をする、 こういう情報が広まるにつれ、住民は警戒心を解き始めた。それぞれの局地支配者であった元聖戦士の方も、タリバンと戦うことなしに、タリバンの進軍を認める者がこの頃少なくなかった。タリバンは新しい地域に進出する際、まず交渉によって無抵抗の中を進軍しようとした。進軍には現金も大量に使われた。 金をもらった局地支配者は丸腰にされ、その地域から放り出された。交渉にも買収にも応じない場合は殲滅する。これがタリバンのやり方だった。実際のところ、94年の後半から95年初頭までタリバンはほとんど戦闘する必要がなかった。戦わずして進軍していくタリバン。無敵神話ができつつあった。

ヘクマティヤールを破った95年初頭、タリバンは既に三種類の異なった構成要素から成り立っていた。(1)真のタリバンと呼ばれる、若い神学生 (2)タリバンに寝返った、元聖戦士(3)共産党政権下の正規軍の元将校達  タリバンは決して一枚岩ではないと言われる。それはこの構成を見ても明かだ。しかし、これほどバックグラウンドが違う三者が見事な連携を保っていることは驚異である。互いに摩擦を起こし、バラバラになってもまったく不思議ではない。何が彼らを結びつけているのか。歴史、部族文化、政治、宗教、これらの要素を駆使すれば説明できるのかもしれない。先走った結論は避けたいが、この5年のタリバンの行動を振り返って感じるのは、彼らに漂う「確信」である。それはどのような「確信」なのか。例えば、それは自分の国を取り戻すのだとか、平和と秩序を回復するのだとか、そういうものだと、外国人が簡単に解説してはいけないもののように感じる。

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-02 23:54 | 宗教 vs グローバル化
a0085558_21132654.jpg
a0085558_21135719.jpg
a0085558_21145358.jpg
a0085558_21151634.jpg
a0085558_21154520.jpg
■Dinah Washington- September In The Rain(youtube)      写真は全て本日撮影
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-09-01 23:55 | 雑談 ライフログ
a0085558_1994223.jpg
■二人の師匠
人は単一のロールモデルが示す「すっきりした」プログラムに従って訓育されている限り、必ず技術的な限界にぶつかる。必ずぶつかる。それは「私」がプログラムの「意味」を理解したことによる限界である。「このプログラムによって、私のこの資質、この潜在能力が開発され強化されるのだな」ということが「私にわかった」ときにプログラムの教育的効果は不意に限界に突き当たる。 どうしてかしらないけれど、そうなのだ。 たしかに引き続きそのプログラムで訓練しても、局所的な技術や部分的な能力は上がるだろう。けれども、それは「檻の中でぶくぶく太ってゆく」ような膨満感しかもたらさない。教育されることは本来教わるものに「のびやかな開放感」をもたらすはずである。そのためには「私は私を教育するプログラムの意味や構造について完全に理解した」ということがあってはならないのである。プログラムは私の「外部」に/でなければならない。しかし、プログラムそのものは異論の余地なく「正しい」のである。だから、それとは違う「もっと正しいプログラム」に乗り移ることは解決にはならない(同じことを繰り返すだけである)

そうではなくて、この「正しいプログラム」に「正しいがゆえに居着いてしまった私」をそこから引き離すことが問題なのである。「正しいプログラムへの居着き」は「間違っていない」のである。けれども、そこに居着いては技術の向上が停止する。「正しいこと」を「正しいから止める」ということは論理的には人間にはできない。そこで、要請されるのが「同じ一つの正しいことを別の言葉で言う二人の師」である。彼らは「同じ一つの正しいこと」を教えるのだが、使う言葉が違う。言い方が違う。だから、教えられる方は「だから、何が言いたいんですか?」と困惑する。 けれども、この「不決断」は「正しい教え」の中での「揺らぎ」なのである。いくら揺らいでも、絶対「誤答」に行き着く恐れのない、「どこに転んでも正解」という枠内で揺らいでいるのである。このような揺らぎに身を委ねることで、私たちは「正しさへの居着き」から解き放たれる。

a0085558_191184.jpg
■昨日の「強い苦しみはわれわれを知恵にみちびく」と一カ月前の「治療というのはいまの状態を変えるということ」と一年前の「メタプログラミング」は使う言葉が違い、言い方が違うだけで「同じ一つの正しいこと」を教えている。普遍性のある真理の言葉だ。
a0085558_19415110.jpg

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-31 23:55 | 和心 覚醒
a0085558_21323785.jpg
week 6 Wisdom of the People

■老人は用心深いが賢くはない。真実は処世訓の籠に蓄えられるものではなく、真実は自由かつ生きているものだと実感させるのが若々しい心なのだということを、知るのがほんとうの知恵なのである。強い苦しみはわれわれを知恵にみちびくが、それはその苦しみの陣痛によって、われわれの心が習慣の環境から脱し、裸で実相(リアリティ)の腕に抱かれるようになるからである。知恵は、知識と感情とによって完成される子供のような性質をもっている。(Rabindranath Tagore)

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-30 00:00 | 和心 覚醒

■鳴神■

a0085558_21331749.jpg
■自然現象の中で私が最も愛する暗闇を引き裂く雷光を一晩中堪能したけど明らかに異常気象。局所的な集中豪雨といい気候変動が起きてるのを日々体感する。排出権取引で温暖化まで眉唾って話になりがちだけどグローバル化で人間が使うエネルギーは飛躍的に増大している。しかも熱効率が悪いから車にしろパソコンにしろエネルギーの大半は廃熱になるだけだ。つまりエントロピーは増大し続ける一方だ。生物を含む地球生態系は無秩序に向かう宇宙に抗い、混沌から秩序を作り出す奇跡のシステムなのに。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-29 23:54 | 環境負荷 淘汰圧増大
a0085558_2329232.jpg
■「IL ROSSO」にレスポンスあったのでもう少し解説してみます。あくまで「解説」であって「解釈」じゃありませんよ、誤解なさらないように。高額なギャラもらってる有能なディレクターが細部までコントロールして全世界にプレゼンテーションしてるんですから。残念ながら気がつかない人はリテラシ−が低い。「不都合な真実」の裏が見えるか見えないかと同じ事ですな。骨格は感覚で察知したけどここまでとは思いませんでしたよ。

先ずは歌詞を御覧下さい。「ジミ−・ペイジも年とったなー」って方々も「誰?この白髪の爺さん」て言うモノを知らない方も正しい反応な訳です。ジミ−・ペイジ過去のロンドン、斜陽だった頃のシンボル、懐メロとして登場してるので。彼の「伴奏」で歌うレオナ・ルイスは「ガイアナ系の父親とウェールズ系イギリス人の母親の間にロンドンで生まれた」いわば第三世界から新しい血を取り入れた新世代。しかもオーディション番組のXファクターで優勝してデビューしてるという念の入り要。エキゾチックな若い女はお年を召した方には絶好の回春薬。白髪のお爺さんもバイアグラいらずで思わず頑張っちゃう。この二人の交合で産まれ出て来るのがセレブ強迫性障害デビッド・ベッカム様。難を言えばレオナがインド系じゃなかった事位で、2012年に向けた完璧な沸騰都市ロンドン
プレゼンテーションじゃございませんか?要は「全ての物事には意味がある」んですね。

a0085558_072473.jpg
■Beijing 2008(birdcagebloodred)London 2012(rosso)■Page & Lewis(youtube
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-28 23:55 | メディア 大本営発表
a0085558_1311226.jpg
誰もが行きたがらない所に行き、誰もがやりたがらないことをするペシャワール会を尊敬
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-27 23:55 | 宗教 vs グローバル化
a0085558_12565829.jpg
■日本企業を買収する
中国で国営企業の合併・買収(M&A)などを仲介している北京産権交易所が今春。未来証券と組んで日本に出先機関「日中産権交易所」を開設した。これまでに24の対中、対日投資案件が出てきており、9月には第一号がまとまる見通し。日中M&Aの大きな後押し役となりそうだ。日中産権を情報のプラットフォームと位置づけ、1.日本の投資家を募る2.日本企業に興味を持つ中国マネーを集める3.有望な中国企業の日本上場の窓口にする--ことを目指す。北京産権の海外進出はイタリア・ミラノに次いで日本が2カ所目。「日本企業は技術力、管理力は優れているが、国内市場は縮小している。後継者に悩む中小企業も少なくない。一方、中国企業は技術の底上げを迫られており、日本企業のブランド力も魅力だ。日中M&Aは双方にメリットがある」北京産権・熊焔総裁

■経済侵略がどんどん加速していく
さらに統計を見ていくと、それでも彼らが最も進出している業種はレストランや小売ではないそうだ。全体の45%が卸、そして輸出入、繊維、靴、家具、台所用品など、本来はイタリアが得意としていた業種なのだ。イタリアの競争力が落ちる。やっていけない企業や倒産する店がいくつも出た。イタリアファッションの有名なブランドは、中国人の会社に下請けをだすか、値段は高くなってもあくまでメイド・イン・イタリーにこだわるかの選択に迫られ、ほとんどのところが 生き延びるためには前者を選んだ。中国人の脅威に声を大にする人がどんどん増える中で、中国人抜きで経済が回っていかなくなる日が来るのかもしれない。経済協力がどんどん加速していく一方で、イタリア人の中国に対する感情が揺れている

a0085558_1311310.jpg
■ロシア、中国人露天商を一掃す
683号政府令:2007年1月15日から4月1日までに、外国人露天、市場及び商店などの場所での小売業の人数を総数の40%に制限するために、2007年4月から12月31日まで外国人が小売業に携わることを禁止する。このほか、2007年1月1日より外国人によるロシア内で酒類の販売と薬品の貿易を一律禁止する。 新年の初め、ロシア人たちが国を挙げて新年のお祝いをしているときに、ロシアで小売業を営んでいる中国人商人たちは未だかつてないほどの寒い冬に直面した。昨年末から今に至るまでにロシア政府は次々と小売市場の秩序法規と新しい移民法を発布し、中国人商人を含む多くの外国人小売業者は強烈な衝撃を受けた。10万人以上の在ロシア中国人商人が帰国を迫られると予想されている。
a0085558_23173425.jpg
CHANGE最終回=小さな政府=外資族=ハゲタカ■(read
■光化学スモッグの元凶は中国(read
■上海モーターショー日本車まんまパクりの中国車(read
■上海モーターショーに展示された中国泥棒企業の車はデザイン盗用ばかり(read
■著作権泥棒が悪いと13億人理解させるのは無理だから大目に見ろと中国 (read
■壁に穴を開けて宝石などを盗み出す中国人泥棒相次ぐ(read
■嘘つきは泥棒の始まり 中国の燃料消費「公表より多い」(read
■中国は著作権泥棒国家だと米通商代表部(read
■中国は泥棒と中川政調会長(正論)(read
■自衛官の中国人妻は泥棒?(read
■中国人泥棒エンジニア処分保留で釈放(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-27 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
a0085558_10545665.jpg
■最強国家・日本は世界中を脅迫せよ
日本は世界最大の米国国債の保有国である。国債を担保に資金を借り、日本版乗っ取りファンドを作り、米国の軍事産業、中国、ロシアのエネルギー産業を買収する。日本に逆らえば米軍への武器供給を止める。米国が「戦争をしたくても出来ない」ように追い込む。日本に逆らえば、中国、ロシアのエネルギー供給が止まり全産業が停止する。ヨーロッパの天然ガスの7割を占めるロシアからのエネルギー供給が止まり、ヨーロッパが凍え死ぬ。世界中が戦争の停止=非武装を謳った日本国憲法に従わざるを得なくなる

小松製作所のプルドーザーの供給が止まれば、中国は北京オリンピックも万博も出来ない。中国全土の工場の建設も止まる。北朝鮮は外貨獲得源のマグネサイトの採掘が止まる。米国は石油石炭の採掘が止まる。日本が電子部品用プリント基盤技術の輸出を止めれば、米軍、NATO軍の戦闘機、ミサイルは空を飛べず原子力空母は航海出来なくなる。世界中が戦争の停止=非武装を謳った日本国憲法に従わざるを得なくなる。日本は世界最強の「戦略」を持って、日本国憲法を世界各国に「押し付け憲法」すれば良い。国軍の廃止、国連軍の大規模設置、国際司法裁判所の強化、国連での欧米諸国の独裁体制=安全保障理事会の廃止、拒否権の廃止、国連総会の議決機能回復=貧困国、戦争での犠牲国の多数決に欧米が「従う」体制の確立。こうした体制の確立でしか、世界から戦争は無くならない。日本国憲法の理念に沿って(2)、世界最強の戦略国家として世界中を脅迫すれば良いのである(3)。世界平和のために脅迫という暴力を使う事は、何ら矛盾しない。2と3は全く別物である。

a0085558_1056110.jpg

■日本に逆らうと中国国家は崩壊する
日本は米国内部の、この反中国派に資金を提供し、同一歩調を取り中国叩きの動きを加速させる必要がある。日本の意図は、「中国がアジアの支配者になる事は認めない」という事である。

一方、2005年4月、ロシアから中国に向けて2000kmに及ぶパイプラインが完成したが、現在原油も天然ガスもそのパイプラインには流れていない。パイプラインの溶接が不十分で、ガス漏れ爆発事故の危険性があるためだ。中国のエネルギー不足は、このパイプラインの失敗で極めて深刻になり、中国国家の死活問題になっている。パイプラインのシームレス=つなぎ目を無くす溶接技術は、世界でも日本だけにしかない特許技術である。日本を排除したため、中国はせっかく建設したパイプラインを稼働させる事が出来ず、放置している。日本は、中国のこの失敗したパイプラインの再建工事を「無料」で行うべきである。代金は、このパイプライン企業の30%の株式と日本の経営参加、30%のエネルギーの日本への供給である。中国の生命線であるエネルギーを日本が握り、今後シームレスのメンテナンス拒否で、日本はいくらでも中国を脅迫が可能である。そして、米国が日本に「原油を売らない」という脅迫カードは、今後無効になる。日本は中東からの輸送コストの高い原油ではなく、安価な原油を中国経由で安定入手出来る

日本は著作権等の貿易問題で中国を追い詰め、一方で無料で中国のパイプライン再建を行う。「中国の支配には従わないが、協力はしてやる・・そして利権は入手する。日本に従わない場合は、中国はエネルギー不足で国家の統一を失う。」・・そうした事を自覚させる外交を、日本ははたして展開出来るだろうか。

a0085558_110962.jpg
■売り出されたロシアのエネルギー産業を日本はなぜ買わない?
固定資本は、工場等の生産設備を指すが、GDP比の固定資本比率を見ると、 中国40%弱、韓国30%弱、 米国20%弱、 ロシア18%、 となっている。 産業=モノ作りの時代が終わり、金融で生きている米国。アジア通貨危機で産業の大部分が崩壊し、一部の産業だけに集中・特化し(例えば液晶大型TV等)、生き残ってきた韓国。産業立国の最中の中国。

こうした国々と比較して、これからエネルギー産業を中心に産業立国を始めるロシアは、設備が全く整っていない事が分かる。産業用ロボット、工作機械、パイプラインと言えば、日本は世界最先端の技術を持っている。しかし、民営化され、最近売りに出された、ロシアの大型発電所20ヵ所の内、日本が入札しているのは「0」である。投資と言う面でも、エネルギーの確保という面で見ても、日本という国は、10年後の戦略を何も持っていない事が分かる

世界の原子力発電産業は、今後、中国を、その主な最大手販売先として動き出している。その中国が「脅威」であると言うのであれば、この原子力発電産業の中核であるイスラエル・マフィアを、日本が「抑える」事が、日本と世界の安全につながる。それは人類を絶滅させる核兵器産業を「押さえ込む」と言う事でもある。この核兵器産業は、ロシアの原油・天然ガス産業を握っている。ロシアのエネルギー産業の根幹を日本が握る事は、ロシアの日本への脅威を「抑える」と同時に、中国を「抑え」、日本悲願のエネルギー供給ルートの安定を計り、「核兵器産業への原料供給口を日本が、閉鎖する権利を持つ」と言う事を意味する。エネルギー安全保障・エネルギー自給、 北朝鮮・ロシア・中国を「敵」と見なした国防、核兵器廃棄への「要」は、1つであり、 そこを抑える戦略を持たない、ボンクラ政治家、ボンクラ官僚に用は無い。

a0085558_11151100.jpg
■共同開発でロシアガス田利権を買収
世界最大の天然ガス生産国ロシア。そのロシア最大の、ガス会社ガスブロムが、円建てユーロ債券を発行し、500億円を調達する。4800億ドルもの外貨準備を持つロシアであり、世界最大のガス会社ガスブロムであるが、この会社の対外債務が400億ドルを超えるため、欧米では資金調達が出来ない。ここに、ロシア企業の「危うい」実態がある。 エネルギー輸出に傾斜し、ガス開発目的の設備投資のため、借入金を増加させ、対外債務を増加させた、としているが、積算数字の「水増し」を常道としているロシア官僚である。ソ連時代、100万トン、ジャガイモを生産したと書面で報告している国営農場が、実は、10万トンのジャガイモしか生産していなかった、という事態は「通常」であった。そのソ連官僚が、そのまま、現在のロシアを動かしている。外貨準備4800億ドル、対外債務400億ドルという数字は、「信用できない」それ程、外貨準備がありながら、なぜ国営ガスブロムが、日本円400億円を「借金するのか」?欧米諸国が「金を貸してくれないから」、日本円で借りるのである。もちろん生産されたガスを、日本に輸出するためにサハリンから、日本向けの港湾施設を整備し、タンカーを調達するため、その仕事を日本企業に依頼するために「日本円」が必要なのである。

相手が、金に困り、技術に困り、しかも製品の「ガス」を日本に「買ってもらいたい」という宣言が、この円建て債券の発行である。単純な債券発行の背後にある、この相手の窮状と真意を「キチンと読解しなければならない」金も無く、技術も無く、商品を買ってくれと頼んでいる、世界最大の、ガス大国が居るのである。商売人なら「相手に、つけ込む絶好のチャンス」である。 共同開発でガス田利権を買収し、パイプライン事業を買収する。パイプラインの製造、メンテナンスは、日本技術でしか、出来ない

モスクワで10年以上の、壮絶な縄張り争い=殺し合いの末、勝利し、ロシア政権を奪取した、イスラエル本拠地のロシアン・マフィア、チェイニー副大統領のボスと、対等に「切った、ハッタ」の交渉=攻防が出来る武器は日本に「そろっている」ロシアを押さえ込み、今後ロシアのエネルギーに依存し、原子力発電を急増させる中国=ロスチャイルドを押さえ込み、世界の核兵器産業を押さえ込むチャンスが転がり込み、その能力が、日本には備わっている。腰抜け外務官僚で終わるか、官僚退官後、国際舞台で活躍できるビジネスマンの素質があるか、さらに、人類を核兵器から救った「影の救世主」と成り、歴史に名前を残すか。これが第二の、そして最後の「国家と世界に尽くす能力が有るか、どうかの、国家公務員・採用試験」である。

a0085558_112568.jpg
■原子力発電所建設の技術は日本だけ
米国は、過去20年間、原子力発電所を建設してこなかった。 そのため原子力発電所建設技術が失われ、世界最大手のGEであっても建設が出来なくなってしまった。また、原子力発電所建設企業の最大手ウェスティングハウス社は、既に日本の東芝に買収され、その傘下に入っている。

今後、中国の産業基盤となる原子力発電所の建設は、世界中で、日本の東芝、三菱重工、日立の3社しか、その建設技術を持っていない。また原子力発電所には「沸騰水型」と「加圧水型」の2つがあるが、この2つを両方建設できるのは、日本の東芝だけである

これは日本国家・日本企業の意向次第では、世界中の原子力発電所の建設・運営をストップ出来、核兵器原料製造を阻止できる事、ロスチャイルドの大きな収入源である原子力発電=核兵器製造を、日本が根本から破壊できる事、また中国の産業基盤に対する生殺与奪権限を、日本が所持している事を意味している。

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-27 12:34 | 美しい国 希望の国 日本
a0085558_1623114.jpg
■昨日は何時もよりもリピーターのアクセスが多かったけど画像解説したからなのかな?RSSリーダーで見てる人は画像は勿論リンク先や音楽の歌詞なんか全く判らない。YouTubeも世に倦む日日の百曲巡礼みたいに何の脈絡もなく貼ってる訳じゃないので見に来てもらわないとね。中にはマニアックな人もいるから、この前なんか普通のエントリーよりCD紹介の方がリピーターのアクセスが多くて凹んだ。テキスト・画像・リンク・音楽が渾然一体となってるからこそカリスマ読書家の方々もこんな辺境のブログ見に来てくれる訳で。
IL ROSSOで言えばキャステルのTDFのオークションの話まで含めてコンテンツになってますから。多層なレイヤーはRSSリーダーじゃ見えませんので是非お越し下さいませ。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-26 23:55 | 雑談 ライフログ

■C'est Re-Na-Ta■

a0085558_23104433.jpg
■Jonny Teupen - Love And Harp A La Latinsample
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-26 23:55 | 雑談 ライフログ
a0085558_210360.jpg
■静岡 新たに仏像2体が盗難
先月以降、仏像が盗まれる事件が相次いで明らかになっている静岡県で、新たに2体の仏像が盗まれていたことがわかりました。静岡県内で盗まれたことが明らかになった仏像は18体に上っています。静岡県内では、先月28日以降、仏像が盗まれる事件が相次いで明らかになっていて、今回の盗難は一連の事件が明らかになったあとで起きた疑いが強く警察で詳しく調べています。区長の中井さんは「信仰の対象として置いてあるものをとるとはとんでもない。早く戻ってきてほしい」と話しています。先月以降、静岡県内で盗まれたことが明らかになった仏像はこれで18体に上っています。
a0085558_2112616.jpg
■盗難の仏像 分解して売られる
静岡県で寺から仏像が盗まれる事件が相次いでいますが、島田市の寺で盗まれた仏像が、フリーマーケットでバラバラに分解して売られ、地元の古物商が安値で購入して転売していたことがわかりました。この仏像は、その後、手に入れた愛好家から寺に返されています。静岡県内では、先月から仏像が盗まれる事件が10件以上相次いでいます。このうち島田市の法蔵寺では、室町時代後期の作品で市の文化財に指定されている「千手観音立像
」が盗まれ、偽物にすり替えられていましたが、本物は、京都の愛好家に渡っていたことがわかり、先週、寺に返されました。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-25 23:55 | 日本の伝統・文化

■IL ROSSO■

a0085558_2165827.jpg
■それでは昨日の画像の解説をしてみましょうかね。判りやすいようにBGMつけておいたけど視覚言語の読解力足りない人もおられるようなので。判ってる人には何を今更って話なんで申し訳ない。一言で言えばオルタナティブ通信の人が常日頃主張されてる事が一枚の写真に凝縮されてるだけなんですが。つまりロンドンバスの赤はロスチャイルド(赤い
)の血塗られた盾の赤であり、共産中国の五星紅旗の革命で流れた血の赤でもあると言う事です。金融原理主義者の赤い盾と一党独裁の流血の赤は親和性が極めて高い。しかも「大きな星は中国共産党の指導力を、4つの小さな星はそれぞれ労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家の4つの階級を表わす」んだから笑える。そんなわけでバスに描かれたLondon - Beijijng - London はモチロン資本の流れを現わしているんですよ。そりゃあロンドンも沸騰する罠。ロスチャイルド様もさぞお喜びでしょうな。日本共産党は脳天気(w
a0085558_2174482.jpg
■時々へどが出た
やっとオリンピックが終わった。これも商業主義のかたまりみたいなイベントだった。 マラソンにしても高地トレーニングを莫大な金をかけなければトップを走れない。その点男子のマラソンはアフリカの勝つべき人が勝つと言う自然な流れだったから好感が持てた。それをテレビのリポーターなどはいかにも残念そうに言う。 各人能力が異なるわけだから、スポーツの祭典、すなわち祭りだ、だからこそ、参加することに意義があるんんじゃないのか?結果は二の次だ。選手を送り出す側もそう見るべきだと思う。特に今回は中国開催ということで、彼らのグローバリズムへの拘り、すなわちなんとか世界の一流国になりたいとの思いが見えすぎて、時々へどが出た。 早く終わってよかったというのが、私個人の感想だ。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-25 23:54 | 宗教 vs グローバル化

■Beijing 2008 - London 2012■

a0085558_23411483.jpg
■Propaganda - Dr Mabuse(youtubelive)   ■Beijing 2008(birdcageblood red
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-24 23:55 | 宗教 vs グローバル化
a0085558_13392977.jpg
■初めてこのニュースを聞いた時に「どこの発展途上の独裁国家の話だよ?!」と憤ったけど、片岡晴彦さんの上告が最高裁に棄却され刑が確定してしまった今「ああ、やっぱり日本はそこまで落ちぶれてしまったんだ」と思うしかない。法治国家の根幹にある警察官・検察官・裁判官(柴田秀樹)が三位一体で真実を無視し、虚偽の報告を鵜呑みにする犯罪行為に手を染めるんじゃ「自分より弱そうな人を狙った、身体障害者をいじめて何が悪い」と少年達がウソブクのも無理はない。

教育委員会の教員採用汚職事件と根は同じであり「諸悪の根源は天下り」にあると言う事に他ならない。結局こいつら在日朝鮮人売春賭博からみかじめ料徴集してる合法的なヤクザだからな。「警察および検察が、未だ、パチンコを賭博罪として起訴した例が無く、裁判所によって、パチンコ・及び三店方式が、刑法の賭博罪に当たるかどうかについての判断は示されていない」で、こんな由々しき事態を保岡興治法務大臣は黙殺なの?

a0085558_13401417.jpg
■カネと暴力の系譜学
法は完全に非合法と対立するものではない。ある種の法律は、明らかに別の法律をかいくぐるための手段を組織している。法は、違法行為の管理であって、違法行為のあるものを許し、可能なものにし、あるいは支配階級への償いとして大目に見、支配階級に役立つものにさえし、さらに別のものは禁止し隔離し、また支配の対象や手段としてとりあげるのだ
a0085558_13413742.jpg
■官僚病の起源---自閉的共同体の病 
1.官僚組織は、本来、国のため国民のためのものであるにもかかわらず、自己目的化し、仲間内の面子と利益を守るための自閉的共同体となっている。そのため、共同体内の地位、昇進や賞罰は、国のため国民のためにどれほど貢献したかによってではなく、共同体の仲間、特に上位の人たちに気に入られるかどうかによって決定される。
2.しかも、その自覚がなく、仲間に気に入られるように仲間のためを尽くしながら、国のため国民のために役立っているつもりである。
3.共同体のメンバーでない人たち、すなわち仲間内以外の人たちに対しては無関心または冷酷無情である
4.同じことであるが、仲間に対しては配慮がゆき届き、実に心やさしく、人情深い。したがって、共同体の中にいる者は実に居心地がよく安定しており、共同体の崩壊は世界の崩壊と感じられるので、共同体の保全を何よりも優先する
5.身内の恥は外に晒さないのがモットーで、組織が失敗を犯したとき。失敗を徹底的に隠蔽し責任者を明らかにしない。
6.従って、責任者は処罰されず、失敗の原因は追求されないから、同じような失敗が無限に繰り返され、共同体の外の人たちは甚大な被害を受ける。等々。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-24 23:54 | ウツクシイクニ
a0085558_18354575.jpg
■「右から左」で1キロ当たり806円の丸儲け
とにかく、バターが手に入らない。どのスーパーも「原料不足により、納品が不安定となっております」と、お詫びの札。「夜のお菓子」で知られる「うなぎパイ」すら、バター不足で一部生産休止に追い込まれた。品薄を輸入品で解消しようにも、それを拒むのが農水省の天下り法人「農畜産業振興機構」だ。

輸入バターには、ただでさえ高い関税に加え、「マークアップ」(輸入差益)と呼ばれる上乗せ金が課せられている。マークアップは国内の酪農家保護のため、内外価格差を調整する制度。バターなど乳製品のマークアップの徴収を独占しているのが、先の天下り法人である。その単価はベラボーに高い。「現在バターの国際価格は、1キロあたり500円前後です。ところが、日本に来ると、1キロあたり806円ものマークアップが徴収され、関税と合わせ一気に1キロ1600円台まで跳ね上がってしまうのです」(輸入業者) 「806円」の算出根拠について所管の農水省は「国際協約で決めた金額」(牛乳乳製品課)というが、これでは消費者のもとに安いバターは届かない。

さらに問題なのは、機構がカキ集めた“上納金”の使い道だ。年間の売買差額11億4200万円のうち、酪農家保護の交付金に回るのは7割程度。残りは天下りした農水省OBが“山分け”しているのだ。 「機構の役員10人のうち、5人は農水省OB。元農水省審議官の木下寛之理事長が年間報酬1860万円を手にしているのを筆頭に、06年度には1億5787万円もの役員報酬を計上していた。一般職員の給与も国家公務員の3割増し。それでも、カネを使い切れず、06年度末にはナント、もろもろで253億円もの剰余金をため込んでいます」(農水省事情通)

そもそも、バターが品薄になったのは、農水省が生乳の生産調整に失敗したためだ。なのに、輸入バターを右から左に受け流すだけで丸儲けの天下り役人。ワリを食うのは、われわれ消費者だ

a0085558_18382287.jpg

■小麦高騰の陰に巣食う天下り法人
割高な輸入小麦。しかし、その価格には政府の思惑がからんだ、いくつものカラクリがあった。【輸入小麦の「上乗せ金」】外国産小麦は農林水産省が一元的に輸入し、製粉会社に売り渡す仕組みになっている。その際、農水省は製粉会社から小麦1トンあたり1万7,000円近い「マークアップ」と呼ばれる上乗せ金を徴収していた。現在の外国産小麦の売り渡し価格は平均で、1トン6万9,120円だが、計算上はこの4分の1がマークアップで加算された分だということになる

高額のマークアップが使われる先は、国内生産者への補助金だ。 「実際、輸入された価格にマークアップを上乗せし、われわれは買っている。輸入麦の売却益で、国産麦の補助金を補てんする」農水省は価格がどれだけ高騰しても、輸入小麦への上乗せ金はやめられないと説明する。「自給率を高める、国産麦を振興するという観点から、必要な経費として、引き続きマークアップ確保は必要」

しかし、小麦の価格にはさらに不透明な金が上乗せされていた。 そしてそれは、農水省の天下り法人に流れていた。【天下り法人への「拠出金」】 製粉会社が小麦を買いとる際、国産・輸入モノを問わず、マークアップ以外に奨励金などの「拠出金」というものが加算される。その額は1トンあたり1,530円だ。 年額では85億円もの小麦の「拠出金」ところがこの金に法的な根拠は何もない

(Q.払わずに済ませている人は?)「それはないですね。払わないと(政府が)原料を売ってくれない仕組み。前金制ですね」支払い先は財団法人・製粉振興会(東京・中央区)。常勤役員2人が元農水官僚で、職員も13人中3人が農水省OBという天下り法人だ。天下り法人がなぜ、小麦価格に上乗せされた年間85億円もの拠出金を集めているのか。農水省OBの専務理事に尋ねた。(Q.契約生産奨励金とはどういうものか?) 「大昔の経緯はわたしも存じ上げないが、今は(麦の)民間流通への移行と国産麦の品質向上を目的と聞いている」「拠出金は生産者や製粉業者への助成金にあてている」と説明する専務理事。

しかしその一方で、こんな事業にも使われていた。「こちらが製粉振興会のPRコーナーコナちゃんコーナーです」ビルの一角にはPRコーナーが。 そうめんや小麦粉が並べられている。 イメージキャラクター「コナちゃん」がパンができるまでを解説するパネル。こうした小麦の広報宣伝事業に年間4,300万円が使われていた。

さらに不可解なのは、小麦の「拠出金」のうち年間61億円あまりが、別の天下り法人に流れていることだ。社団法人・全国米麦改良協会(東京・千代田区)。常勤役員4人中3人が、やはり農水省からの天下り。 この法人は、製粉企業から集めた「奨励金」などを生産者団体に分配する業務を行っているという。ちなみに取材に応じた天下り理事の年収は1,600万円だが、これも一部は麦の拠出金からだ。

(Q.農水省から再就職した方の人件費になっているのでは?) 「そういう業務に通暁している。単に天下りうんぬんはおかしいんじゃないか。誰がやっても金はかかる」(Q.麦の奨励金は100%強制的に徴収している) 「強制ではなくて、合意に基づくものですから」あくまでも合意に基づく取り決めだと強調する天下り法人。 しかし、製粉会社が「奨励金」を支払うことを義務付ける文書を農水省が出していた。つまり、天下り法人に金が流れるような仕組みを作っていたのだ。 再び農水省に聞いた。(Q.「米麦改良協会」にも天下っているが?) 「そうですね。OBが行ってます」(Q.農水省として関与しているのでは?) 「この事業にですか? 関与してません」(Q.農水省として再就職をあっせんした事実はないと?) 「それはわたくしのコメントする立場にございません

■官僚病の起源---自閉的共同体の病 
1.官僚組織は、本来、国のため国民のためのものであるにもかかわらず、自己目的化し、仲間内の面子と利益を守るための自閉的共同体となっている。そのため、共同体内の地位、昇進や賞罰は、国のため国民のためにどれほど貢献したかによってではなく、共同体の仲間、特に上位の人たちに気に入られるかどうかによって決定される
2.しかも、その自覚がなく、仲間に気に入られるように仲間のためを尽くしながら、国のため国民のために役立っているつもりである。
3.共同体のメンバーでない人たち、すなわち仲間内以外の人たちに対しては無関心または冷酷無情である。
4.同じことであるが、仲間に対しては配慮がゆき届き、実に心やさしく、人情深い。したがって、共同体の中にいる者は実に居心地がよく安定しており、共同体の崩壊は世界の崩壊と感じられるので、共同体の保全を何よりも優先する。
5.身内の恥は外に晒さないのがモットーで、組織が失敗を犯したとき。失敗を徹底的に隠蔽し責任者を明らかにしない。
6.従って、責任者は処罰されず、失敗の原因は追求されないから、同じような失敗が無限に繰り返され、共同体の外の人たちは甚大な被害を受ける。等々。

a0085558_21415134.jpg
「天下り根絶」を明言できるのが「真正CHANGE」!明言できないのが「偽装CHANGE」だ!(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-24 23:53 | ウツクシイクニ

■天と地を循環する心■

■Lunar Scorpion Moon(Challenge・Polarize・Stabilize) Week 5 Creative Genesis

■地球上の水の一部は希薄になって、空へと昇る。そしてその水は、純粋な高みで獲得した運動と音楽とを伴って、降り下って地球上の水へもどり、地球上の水を健全で新鮮なものにする。それと同じように、人間の心の心の一部もこの世から昇って空へ向かって飛ぶ。
しかしこの空へ飛び立つ心は、それがもどって来て、地球上に束縛されている心と混じる時に、はじめて完成の域に達する。これは宗教の大気の流通であり、人間の理想の天地間の循環である。(Rabindranath Tagore)

[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-23 00:00 | 和心 覚醒

■資本主義を否定すること
私は朝日を退社以来、戦争をなくすることに命をかけてきた。平和運動だ、抗議集会だと何千回もやったけど、一度も戦争をたくらむ勢力に有効な打撃を与えられなかった。軍需産業は成長しているんじゃないの。「戦争反対行動に参加した私は良心的だ」という自己満足運動だから。それでも意思表示をしないと権力は「民衆は反対していない」と勝手な判断をするからやめるわけにはいかない。

でもそれだけじゃダメだ。今は「戦争はいらぬ、やれぬ」の二つの平和運動でないとならない、と怒鳴り声をあげている。「いらぬ」というのは、資本主義を否定すること。戦争は国家対国家、デモクラシー対ファッショなどあったが、今根底にあるのは、人工的に起す消費。これだけなんだ。作って売ってもうける。そこにある欲望が、戦争に拍車をかけてきた。(むのたけじ

a0085558_2043592.jpg
■時代遅れの戦争観
グルジア等を巡り、イルミナティ陰謀論者の主張する、「ロシアVS親米派」等という「恐ろしく単純化された図式」は、「国家同士が戦争を行う」と言う20世紀の時代遅れの戦争観から出て来る。このような図式は虚偽であり、「ロシアVS親米派」の対立が、第三次世界大戦に発展する等という、「イルミナティ陰謀論者」の「妄想」と、現実とは何の関係も無い。なぜなら、ロシアのパイプラインは、米国ロックフェラー、そのボス欧州ロスチャイルドが建設しているからである。
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-22 23:54 | 宗教 vs グローバル化
a0085558_19545850.jpg
■殺人未遂:東京・渋谷で2人刺される 79歳女、容疑で逮捕
22日午後6時45分ごろ、東京都渋谷区渋谷2の東急百貨店東横店1階で、刃物を持った女に女性2人が次々に切りつけられた。2人は腰を刺されるなどしたが意識はあり、命に別条はないという。警視庁渋谷署員らが約50メートル離れたJR渋谷駅南改札口券売機付近で、目撃証言と似た女を発見、刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。逮捕されたのは自称、住所不定の無職、北川初子容疑者(79)。

調べでは、北川容疑者は、東横のれん街東側出入り口前で都内の派遣社員(26)の左腰を果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で刺し、5分後に約50メートル離れたフラワーショップ前で神奈川県内の契約社員(27)の左上腕部に切りつけた疑い。「都内の施設を今週初めに引き払った。お金はないし、事件を起こせば警察が何とかしてくれると思った
」と供述しているという。逮捕時の所持金は約6500円だった。現場近くの和菓子屋で働く川崎仁志さん(54)は「お客さんから『若い女の子が刺された』と聞いて外を見ると、人だかりで騒然としていた。渋谷でも通り魔事件が起きるなんて」と驚いていた。

a0085558_2353044.gif
■【人】剣はペンよりも強し・剣は政党よりも強し【柱】(read
■【派遣】剣はペンよりも強し【一揆】(read
■【小泉純一郎】本当に有難う御座居ました【竹中平蔵】(read
[PR]
# by beautiful_japan | 2008-08-22 23:53 | ウツクシイクニ