絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

乖離

「美しい国の姿を、私は次のように考えます。一つ目は、文化、伝統、自然、歴史を大切にする国であります」と言いながらカタカナ言葉を多用し「子育てフレンドリーな社会」等の噴飯表現を恥ずかし気もなく使える所に安倍晋三新首相の本音と建前の解離の度合が見てとれる。「現行の憲法は、日本が占領されている時代に制定され」と占領下に作られた憲法を否定するのに「日本はアングロサクソン流の市場経済導入に踏み切った」と経済占領されてしまった現状を肯定し「改革の炎を燃やし続けてまいります」と宣う。「日本人が本来もっていた、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを」破壊し忘却の彼方に追いやるアングロサクソン流の市場経済。その先に見えるのはニッケル・アンド・ダイムド-アメリカ下流社会の現実だ。
[PR]
by beautiful_japan | 2006-09-29 23:54 | 安倍晋三先生 昭恵夫人