絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

show the flag

首相官邸主導の外交・安全保障戦略を担う日本版NSC(国家安全保障会議)の創設を検討する有識者会議「国家安全保障に関する官邸機能強化会議」が新設される事になった。塩崎恭久官房長官は外務大臣や防衛庁長官を含めなかったことについて「官邸機能強化ということで、安倍晋三首相と小池百合子・国家安全保障問題担当首相補佐官が打ち合わせた結果 」と説明した。ここでもまた首相の独断で国家の安全保障が決められて行く道筋が作られた。さらに安倍晋三首相はワシントン・ポストのインタビューに答え「米国に向かうかもしれないミサイルを撃ち落とすことができないのかどうかも研究しなければならない」と主張した。

NSC検討有識者会議のメンバーに岡崎久彦・岡崎研究所所長がいる事でこの会議がどんなものか一目瞭然で判る。岡崎先生は「アングロサクソンは恐ろしい。アングロサクソンに逆らったら日本は滅びる。だからアングロ・アメリカン世界と仲良くしていれば、国民の安全と繁栄が約束される」とおっしゃるが「昨今の日本の強硬姿勢は、アメリカに頼った【虎の威を借る狐】でしかないので、アメリカが軟化したら終わりだろう。その後、日本はアジア重視の時代に入ると予測される 」と言う展望もある。また今時アメリカのイラク侵攻の目的は石油ではなく大量破壊兵器だと言い切るような「遊就館から未熟な反米史観を廃せ」にも時代錯誤を感じざる負えない。もう一人忘れちゃいけないのが「ショー・ザ・フラッグ」で名を馳せた柳井俊二・元駐米大使の存在だ。show the flag詳細動画はこちら


[PR]
by beautiful_japan | 2006-11-14 23:54 | 憲法改悪 戦時体制