絶望は愚者の選択


by beautiful_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

米軍を批判した仲井真弘多・沖縄県知事「軽度の脳梗塞の疑い」復帰後初「慰霊の日」翌日に民間港湾に米軍艦

■米海軍掃海艦が与那国に入港 民間港湾入港は復帰後初
米海軍佐世保基地所属の掃海艦ガーディアンとパトリオットが24日、沖縄県与那国町の祖納(そない)港に入港した。米側は乗組員の休養と友好親善が目的と説明しており、26日午前に出港する予定という。県基地対策課によると、米軍艦船が県内の民間港湾に入るのは72年の本土復帰後初めてで、県や町は反発している。

県は今月7日、在日米海軍のジェームズ・ケリー司令官に対し、祖納港などの使用自粛を要請していた。仲井真弘多知事は24日、「祖納港の使用は遺憾。米軍基地が集中する本県においては、米軍は米軍施設を使用すべきで、今後、緊急時以外は民間港湾を使用しないよう自粛を強く求める」とのコメントを出した。

外間守吉町長も同日、「(沖縄戦戦没者を悼む23日の)『慰霊の日』の翌日に、なぜこの小さな島に米軍が入ってくるのかわからない。住民感情を逆なでする行為で、許し難い」と批判した。

■「軽度の脳梗塞疑い」知事緊急入院 復帰は2週間後  
仲井真弘多知事(67)の緊急入院を受け、県の仲里全輝副知事は二十五日午前、県庁で緊急会見し、「精密検査の結果、仲井真知事は軽度の脳梗塞の疑いがあることが分かった」と発表した。知事は二十四日に那覇市内の病院に入院しており、投薬を中心とした治療に一週間、自宅療養に一週間を要する見込み。公務復帰は二週間後を予定している。

仲里副知事によると、仲井真知事は二十二日の夜に体調不良を訴え、翌二十三日朝に那覇市内の病院で検査を受けた結果 、軽度の脳梗塞の疑いあることが判明。二十四日に精密検査を受け、あらためて「ごくごく小さな脳梗塞」(仲里副知事)であると診断された。

二十四日午後に医師も交えて仲井真知事と面会した仲里副知事は「(知事は)言語、意識とも明。体の神経系統の支障もまったくない状況。業務の報告を受けたり、重要事項などについては随時、調整を図っていきたい。


■【暗殺?】田中角栄元首相・小渕恵三元首相 脳梗塞で死亡そして栗本慎一郎元衆議院議員も脳梗塞に【陰謀?】(read
■宇宙人まで飛び出す陰謀論の迷宮で迷子になって犬のおまわりさんも一安心 「事実は小説より奇なり」(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-06-25 23:54