絶望は愚者の選択


by beautiful_japan

<   2007年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

国会議員の資金管理団体の事務所費や光熱水費の会計処理が不透明だという指摘が出ていることを踏まえ、この問題への対応を協議しました。この中で、安倍総理大臣は「政治資金規正法の改正案を提出して対応したい」と述べたのに対し、太田代表も同様の考えを示し、今の国会で、事務所費などの透明性を高めるため、政治資金規正法の改正を実現させることで一致しました。ただ、具体的な内容をめぐっては、公明党が事務所費などの5万円以上の支出は領収書の添付を義務づけるという案をまとめたのに対し、自民党は領収書の添付は「自由な政治活動を妨げるおそれがある」として慎重な姿勢を示していることから、両党の実務者の間で検討を急ぐことになりました。

このあと、安倍総理大臣は、自民党の党改革本部長を務める石原幹事長代理を呼び、「与党の作業チームで十分議論を深め、速やかに成案を得るべく努力してほしい」と指示しました。石原氏は、記者団に対し、自民党としては領収書の添付を義務づけることは考えていないという認識を示したうえで「公明党とは溝があっても同じ与党だから落ち着くところには落ち着く」と述べました。また、安倍総理大臣は、公明党の東政治改革本部長とも会談し、この問題について意見を交わしました。東氏は、記者団に対し「19日の作業チームで自民党がどのような案を示すのかよく知らないが、謙虚に胸襟を開いてよく議論するということだ」と述べました。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-18 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
安倍総理大臣は「このように選挙期間中、選挙運動中の凶行というのは民主主義に対する挑戦であり、断じて許すわけにはいかない。こうした暴力を断固として撲滅していかなければならない」と述べました。(read

塩崎官房長官は「総合的な銃器対策が的確に推進されるように、いっそう努めていかなければいけない」と述べ、銃器対策強化の必要性を強調した。溝手国家公安委員長は「特にテロ行為に対する備えを、警視庁、各県警に対してもう一度しっかり緊張して対処するようにという内部文書を昨日、流した」と警備強化に言及した。自民党の中川昭一政調会長は「公衆の面前でああいう事件が起きることは日本の治安と民主主義への挑戦だ」。公明党の北側一雄幹事長は「民主主義の基本である選挙の自由、表現の自由に対する挑戦で、厳しく処置されねばならない」と訴えた。民主党の小沢代表は「暴力、テロが許されたのでは民主主義は根底から破壊され、成り立たない」。共産党の志位委員長は国会内で「心からの憤りをもってこの行為を糾弾したい」と語った。(read

何故か30年以上前の拉致事件を今頃になって突然捜査し始めたけど、市民社会に害悪しか及ぼさない暴力団を未だに放置してるのもおかしな話だ。町中に平然と犯罪組織の看板を掲げて何のお咎めなしの国って一体何なの?

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-18 23:54 | 日本の伝統・文化
東京市場の国際競争力の強化を図るため、株式や商品先物、工業品、農産物を一括して取引する「総合取引所」の創設構想が動き出した。17日に開かれた首相の諮問機関の経済財政諮問会議でも議題となった。ただ、所轄官庁が異なる各取引所を一つの持ち株会社の下で統合するには、多くのハードルをクリアする必要があり、実現への道のりは、厳しいものになりそうだ。(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-18 23:54 | 宗教 vs グローバル化
中国の国家版権局や知的財産権局の報道官らは17日記者会見し、米国が中国の知財保護が不十分として世界貿易機関(WTO)に提訴したことに反論し、「短期に国民の知財保護意識は高められない」との本音も漏らした。版権局の王自強報道官は、米国が「中国の外国映画輸入規制が海賊版増の原因」と批判していることに対し、著作権物の輸入規制と海賊版横行との直接の因果関係はない、との見解を示して反論。 一方、知的財産権局の尹新天報道官は「中国の知財保護の歴史は20年にすぎず、短期間に13億人の国民の意識を高めるのは不可能」と弁明。「先進国は中国政府の努力を理解してほしい」と訴えた。(read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-17 23:54 | ゴミ箱
教育再生関連法案の質議の中で「立ち居振る舞いの美しい日本人の育成こそ美しい国を実現する上で重要と考えています」「道徳心、自らを律する精神、公共の精神を養うことなどが今日極めて重要であると考えております」と安倍安倍晋三首相。



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-17 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
05年に5000万円を上回る申告所得があった富裕層の所得税負担率が、所得が3000万円超5000万円以下の層より低くなった。逆転は10年ぶり。03年から上場株の売却益や配当への税率が軽減されており、株価上昇に伴う恩恵が富裕層にもたらされたとみられる。税の所得再分配機能が低下していると言える現象で、今後本格化する税制改革論議に影響を与えそうだ。

国税庁がまとめた所得税の確定申告の調査で分かった。各所得階層が、申告した所得金額の合計に対して、実際に支払った税額の割合を税負担率として比較した。それによると、05年は申告所得の合計が5000万円超の層の税負担率は平均21.8%。一方、3000万円超〜5000万円以下の層では税負担率は22.7%で、こちらの方が重かった。高額所得層での逆転は95年以来となる。一方、600万円超〜700万円以下の中所得層の負担率は7.1%で、ここ数年大きな変化はなかった。

所得税には、所得が多い人ほど税率が高くなる「累進構造」があり、最高税率は05年時点で37%だった。仮に、申告所得の合計額が約5000万円で全額が給与だったとすると、実効税率は27%前後だったとみられる。実際は所得5000万円超の層が約22%ですんだのは、株式や預金利子などからの金融所得が給与などの所得とは別扱いとされ、税率も額によらず一律になっているためだ。基本税率は20%だが、03年からは上場株式の売却益と配当について、10%に引き下げる証券優遇税制が導入されている。この恩恵は少数の富裕層に集中し、05年に個人が株式売却などで稼いだ所得として確定申告した額の65%を、人数で4%にすぎない総所得5000万円超の人で占めていた。

証券優遇税制は07年度が期限だったが、06年末に1年延長の方針を決めた。税制関連法案の国会審議では、野党から「金持ち優遇だ」との批判も出たが、3月に与党の賛成多数で成立した。税制に詳しい関口智・立教大准教授は「高額所得者が株式などの金融資産を多く持っていることが、そのまま統計に反映されたのだろう。現在の10%の軽減税率は国際的に見ても低い。給与所得と合わせて課税する総合課税や軽減の廃止などを検討すべきだ」と話している。(read



[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-16 23:54 | 美しい国 希望の国 日本
日本軍慰安婦問題をめぐり、東京裁判に提出された各国検察団の証拠資料の中から、占領支配したアジアの女性が日本軍に強制的に慰安婦にされたことを示す尋問調書などを、林博史・関東学院大教授(現代史)が確認した。17日に日本外国特派員協会で会見して公表する。裁判で証拠として採用されたもので、東大社会科学研究所図書館に所蔵されている。(read more
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-15 23:54 | 憲法改悪 戦時体制
巨額の年金資金が投入された大型保養施設「グリーンピア南紀」(和歌山県)の跡地開発で、中国の請負業者によるリゾート計画が予定通りに進まず、中核となるホテル事業の再開が見送られることがわかった。小泉改革で払い下げられた全国13カ所のグリーンピア跡地で、再生の事業計画が頓挫するのは初めて。南紀の跡地を所有する地元自治体に業者を紹介したのは、地元(和歌山3区)選出の前経産相、二階俊博・衆院議員(自民)だった。跡地は賃貸後の2015年に無償で業者へ譲渡されるという異例の契約だったこともあり、地元で批判が高まっている。(read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-15 23:54 | 私利私欲で国を売る
ワシントンで開かれていたG7=財務大臣・中央銀行総裁会議は、世界経済の現状に極めて強気の見方を示した共同声明を採択して閉幕しました。G7の共同声明は、世界経済の現状について「過去30年以上で最も力強い持続的な拡大をしている」と、異例とも言える楽観的な見方を打ち出しました。焦点だったアメリカ経済の先行きについても、住宅市場の冷え込みにも関わらず「引き続き堅調」と、強気の見通しを表明しています。「過去数年の世界経済は、我々が経験したもののうち最高の状態にある」(米・ポールソン財務長官) (read
[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-14 23:54 | アメリカ イスラエル
憲法改正の手続きを定める国民投票法案の与党修正案は13日午後の衆院本会議で、起立採決により自民、公明両党の賛成多数で可決された。民主、共産、社民の3党は反対し、国民新党は棄権した。同法案は参院に送付され、16日から審議に入る見通し。与党は憲法記念日である5月3日までの成立をめざし、連日の審議も辞さない構え。野党側の抵抗は必至だが、今国会での成立は確実だ。(read

温家宝首相は、天皇陛下が05年12月の誕生日会見で述べた「過去の事実についての知識が正しく継承され、将来にいかされることを願っています」との言葉を引用。「戦後60年にあたっての陛下のお言葉を評価します」と述べると、陛下は「年月(としつき)がたつと忘れることも多いので、世界の人々と友好のためと思って発言したものです」と説明したという。(read

[PR]
by beautiful_japan | 2007-04-13 23:54 | 愛国心 日の丸 君が代